お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP2級実技(FP協会)解説-2020年1月・問35~40

【問35】
正解:14,690円/span>

<資産>
預貯金等:5,060万円
債券・株式:1,250万円
投資信託:1,420万円
生命保険:400万円
自宅土地:5,000万円
自宅建物:1,000万円
投資用マンション:1,100万円
その他:470万円
より、計15,700万円です。

<負債>
住宅ローン:950万円
自動車ローン:60万円
より、計1,010万円です。

したがって、純資産=15,700万円-1,010万円=14,690万円となります。

【問36】
正解:

相続税の課税対象となる死亡保険金は、500万円×法定相続人の数だけ非課税になります。
法定相続人の数は2人ですから、相続税の課税価格に算入される死亡保険金の額は、3,300万円+100万円-(500万円×2)=2,400万円です。
よって、相続税の課税価格=2,400万円+9,000万円=11,400万円となります。

相続税の計算上控除する基礎控除額=3,000万円+600万円×法定相続人=3,000万円+600万円×2=4,200万円です。
よって、課税遺産総額=11,400万円-4,200万円=7,200万円となります。

課税遺産総額7,200万円を法定相続分で按分すると、各人の法定相続分に応ずる取得金額は、
友里さん:4,800万円
昌子さん:2,400万円
です。

よって、各人の法定相続分に応ずる取得金額に対応する相続税額は、
友里さん:4,800万円×20%-200万円=760万円
昌子さん:2,400万円×15%-50万円=310万円
となります。

したがって、相続税の総額=760万円+310万円=1,070万円となります。

【問37】
正解:
贈与税の配偶者控除を受けた場合、基礎控除と合わせて最高2,110万円までが非課税となります。
よって、贈与税額=(2,000万円+500万円-2,000万円-110万円)×20%-25万円=53万円となります。

【問38】
正解:×、○、○、×
(ア) 遺族基礎年金は、子または子のある配偶者が受給することができますが、友里さんには子がいないため、遺族基礎年金を受給することはできません。
(イ) 正しい記述です。
(ウ) 正しい記述です。
(エ) 老齢厚生年金と遺族厚生年金が併給される場合老齢厚生年金が優先して支給されます。なお、遺族厚生年金の方が老齢厚生年金よりも多い場合、その差額が遺族厚生年金として支給されます。
【問39】
正解:
(ア) 雇用保険においては、65歳未満の人は一般被保険者、65歳以上の人は高年齢被保険者と区分されます。
(イ) 基本手当の給付制限期間は最長3ヵ月です。
(ウ) 高年齢被保険者には基本手当は支給されず、代わりに、高年齢求職者給付金が一時金として支給されます。
(エ) 高年齢求職者給付金は、 支給要件を満たす度に受給する事ができます。
【問40】
正解:2,6,7、10
(ア) 後期高齢者医療制度の保険者は、後期高齢者医療広域連合です。
(イ) 後期高齢者医療制度の被保険者は、75歳以上の人です。
(ウ) 後期高齢者医療制度の被保険者の自己負担割合は、原則として1割です。
(エ) 後期高齢者医療制度は、個人単位で加入する制度であるため、保険料は被保険者単位で徴収されます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る ホーム
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。