お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP2級頻出問題【重要-複数分野に亘る論点】

自己資本比率=自己資本÷総資産、流動比率=流動資産÷流動負債、当座比率=当座資産÷流動負債、固定比率=固定資産÷自己資本

ROA=売上高○○利益率×総資産回転率

被保険者が受け取る入院給付金は、非課税所得とされる

契約者と満期保険金受取人が同一人である保険期間が5年を超えるの養老保険契約において、一時金で受け取る満期保険金は、一時所得として課税対象となる。

★自動振替貸付によって納付された保険料は、生命保険料控除の対象とな る

★株式の譲渡損失は、確定申告をする事により、最高で年間繰越控除する事ができる

株式の配当金について、配当控除を受けるためには  総合課税を選択しなくてはならない

★株式の配当金を、株式等の譲渡損失と損益通算するためには申告分離課税を選択しなくてはならない

ジュニアNISAは、口座開設者(子・孫)が18歳に達する年まで、払い出し制限がある

総合課税の対象となる譲渡所得の長期短期の判定は、          取得日から売却日までの期間が5年を超えるか否かで、申告分離課税の対象となる譲渡所得の長期短期の判定は、取得日から売却日が属する年の1月1日までの期間が5年を超えるか否か

譲渡所得の計算上、取得費が不明な場合は、収入金額の%を取得費とすることができる

生命保険契約者保護機構による補償の対象となる保険契約については、高予定利率契約を除き、責任準備金90%までが保護される

金地金の譲渡による所得は、譲渡所得として  総合課税される

退職手当を 一時金で受け取ったことによる所得は、退職所得となる

スポンサーリンク




スポンサーリンク



戻る
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。