お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP2級頻出問題【重要-相続】

書面で行った贈与契約のうち、未履行部分は取り消す事ができない

★負担付贈与ではない贈与契約の贈与者は、贈与財産に瑕疵があることを知らないで贈与した場合、その瑕疵について瑕疵担保責任を負わない

負担付贈与契約の受贈者がその負担である義務を履行しない場合、贈与者は、相当の期間を定めてその履行の催告をしてもその期間内に履行がないときは、その贈与契約の解除をすることができる

親族とは、親等内の血族、配偶者および親等内の姻族をいう

直系血族および兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務があるが、家庭裁判所は、特別の事情があるときは、親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる。

普通養子縁組が成立した場合、養子と実父母との親族関係は終了しない、特別養子縁組が成立した場合、養子と実父母との親族関係は終了 する

実子の法定相続分は、養子の法定相続分に対して同じ

相続や遺贈により財産を取得した人が被相続人の死亡前年以内に受けた贈与は、相続税の課税価格に含まれる

放棄をした人は、死亡保険金の非課税枠の適用を受ける事ができない

★被相続人の死亡後年以内に支給が確定した死亡退職金は、みなし相続財産として相続税の課税対象となる

被相続人の養子である孫は、相続税の2割加算の対象である、代襲相続人である被相続人の孫は、相続税の2割加算の対象でない

相続人が被相続人の配偶者のみである場合、当該配偶者が相続した財産のうち、その金額に関わらず全額について、相続税がかからない

対価を伴わない名義変更は、贈与税の課税対象とな  る

債務免除を受けた場合、返済が困難な部分は、贈与税の課税対象とならない

通常必要な生活費の贈与は、贈与税の課税対象とならない

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税の特例、を受けた場合、暦年課税の基礎控除や相続時精算課税の特別控除と併用する事ができ る

贈与税の基礎控除額は受贈者1人当たり年間110万円まで

路線価方式と倍率方式のどちらを採用するかは、国税局長が決める

被相続人以外の名義の建物が建っている土地は、相続税の計算上、  貸宅地として評価される

被相続人の貸家が建っている土地は、相続税の計算上、貸家建付地として評価される

貸家の相続税評価額の計算式は、自用家屋の評価額×(1-借家権割合×賃貸割合)

スポンサーリンク




スポンサーリンク



戻る
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。