お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP2級頻出問題【重要-不動産】

都道府県地価調査の基準地は、地価公示の標準地と同じ地点に設定される事がある

★抵当権は、不動産登記簿の権利部区に記録される

★登記事項証明書の交付請求は、オンラインで行う事が 可能で、その受領はオンラインで行う事が不可

不動産の危険負担は、原則として主負担とされる

売主は、売買の目的物に隠れた瑕疵があることを知らなかった場合、その瑕疵について瑕疵担保責任を負う必要がある

未成年者(既婚者を除く)が法定代理人の同意を得ずに不動産の売買契約を締結した場合、原則として、その法定代理人または当該未成年者本人が、当該売買契約を取り消す事ができる

建物の賃借権の対抗要件は、建物の引渡し

契約期間の定めのある建物の賃借権(定期借家権)の設定方法は、公正証書等の書面による

概ね10年以内に優先的かつ計画的に市街化を図るべき区域が  市街化区域で、市街化を抑制すべき区域が市街化調整区域

★開発行為とは、主として建築物の建築または特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更の事

セットバック部分は、建蔽率や容積率の計算上、敷地面積に含まれない

ある土地が複数の用途地域にまたがる場合、敷地の全部について、過半を占める用途地域の規制が適用される

絶対高さの制限は、建物の高さが10mまたは12mを超えてはいけないという規定

隣地斜線制限が適用される用途地域は、原則として、絶対高さの制限が適用される用途地域商業地域(第一種低層住居専用地域と第二種低層住居専用地域と田園住居地域)以外の用途地域

★建物またはその敷地もしくは附属施設の使用方法について負う義務は、区分所有者と区分所有者以外の専有部分の占有者とで同じ

★共用部分の管理ついて負う義務は、区分所有者と区分所有者以外の専有部分の占有者とで違う

区分所有法の規定によると、専有部分と敷地利用権の分離処分は、原則として、できない

土地の有効活用方法のうち、入居予定のテナントから建物の建築資金の全部または一部の拠出を借り受けるものは、建設協力金方式

スポンサーリンク




スポンサーリンク



戻る
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。