お金の寺子屋

FP3級実技(FP協会)解説-2022年5月・前半

【問1】

正解:
1. 公的年金の受給見込み額の試算は、誰でもすることができます。
2. 顧客と投資顧問契約を締結し、当該契約に基づいて投資判断について有償で助言をするためには、投資助言・代理業の登録をしなくてはいけません。
3. 保険商品の一般的な商品性についての説明は、誰でもすることができます。
【問2】

正解:
(ア) 224万円×(1.01)^4=233.09…≒233万円です。
(イ) 640万円-594万円=46万円です。
(ウ) 823万円×1.01+40万円=871.23万円≒871万円です。
【問3】

正解:
1. NISA口座では、公社債投資信託に投資することはできませんが、株式投資信託に投資することはできます。<資料>を見ると、MXファンドは株式に投資していることが分かりますから、MXファンドは株式投資信託であり、NISA口座の投資対象であると判断できます。
2. 正しい記述です。投資信託の収益分配金は、運用状況によって増減します。
3. 投資家が購入時に支払う代金は、「1万口当たりの基準価額/1万口×購入口数+購入時手数料」です。運用管理費用(信託報酬)は購入時に支払うものではありません。
【問4】

正解:
満期時の外貨ベースの元利合計額=10,000NZドル×(1+0.0045)=10,045NZドルです。
外貨建ての資産を円転する際に用いる為替レートはTTBですから、円転額は、10,045NZドル×76.90円/NZドル=772,460.5N円≒772,460円(円未満の端数切り捨て)となります。
【問5】

正解:
1. 正しい記述です。決済用預金は全額保護されます。
2. 正しい記述です。決済用預金以外の保護の対象となる預金は、1,000万円とその利息まで保護されます。
3. 外貨預金は預金保険制度による保護の対象外です。

【問6】

正解:
建築面積の最高限度=敷地面積×建蔽率の上限より、600㎡×60%=360㎡となります。
【問7】

正解:
(ア) 一般定期借地権は、50年以上の存続期間を定めて設定しなくてはいけません。
(イ) 事業用定期借地権は、必ず公正証書によって設定しなくてはいけません。
(ウ) 建物譲渡特約付借地権は、借地人が借地上に建物を建て、それを土地所有者が買い取る特約を付けたものです。
【問8】

正解:
入院給付金10,000円×8+手術給付金10,000円×20+入院給付金10,000円×5=33万円です。
【問9】

正解:
2つの契約はどちらも、2012年以降に契約した、一般の生命保険料控除の対象になるものです。
よって、年間の支払保険料の合計=76,200円+37,200円=113,400円となりますから、控除額は40,000円となります。
【問10】

正解:
1. 被保険自動車の損害には、車両保険で備えることができます。
2. 人身傷害補償保険は、保険金額を上限として、過失割合に関わらず、受けた損害の全額が支払われますから、相手から損害賠償金を受け取ることができない場合にも備えることができます。
3. 自動車保険では自身の財物の損害に備えることはできません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



ホーム 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。