お金の寺子屋

FP3級実技(FP協会)解説-2022年5月・後半

【問11】

正解:
所得税の計算上、償却方法を選択しなかった場合には、定額法を選択したことになります。
よって、減価償却費は、90万円×0.200×2/12=3万円となります。
【問12】

正解:
勤続年数は24年と計算されますから、退職所得控除額=70万円×(24-20)+800万円=1,080万円です。
よって、退職所得=(1,800万円-1,080万円)×1/2=360万円となります。
【問13】

正解:
1. 正しい記述です。自筆証書遺言と公正証書遺言に効力の違いはなく、複数の遺言の内容が抵触する場合には最も日付が新しい遺言の内容が優先されますから、自筆証書遺言で公正証書遺言の内容を撤回することができます。
2. 検認は家庭裁判所で行う手続きです。
3. 自筆証書遺言は単独で作成するものですから、証人は不要です。
【問14】

正解:
贈与税の配偶者控除は、婚姻期間が20年以上の夫婦間での居住用財産又は居住用財産を取得するための金銭の贈与に適用され、基礎控除とは別に最高2,000万円の控除を受けることができます。
【問15】

正解:
1. 被相続人が未払いであった税金や医療費は、債務控除の対象となります。
2. 非課税財産に係る未払金は、債務控除の対象にはなりません。
3. 香典返戻費用は、債務控除の対象にはなりません。

【問16】

正解:

<資産>
普通預金120万円
定期預金200万円
投資信託130万円
生命保険10万円
不動産3,800万円
の、計4,260万円

<負債>
住宅ローン3,600万円

よって、純資産=4,260万円-3,600万円=660万円となります。

【問17】

正解:
積立型運用における毎年の積立額を計算する際に用いる係数は、減債基金係数です。
よって、250万円×0.09558=238,950円≒239,000(千円未満切上げ)となります。
【問18】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 地震保険の保険料は、都道府県ごと建物の構造区分ごとに異なります。
3. 地震保険では、保険金の支払いをスムーズにするために、実際の損害額を算定することはせず、損害の程度を「全損」「大半損」「小半損」「一部損」の四つに区分して、それぞれの区分ごとに定められた割合で保険金の支払いを行います。
【問19】

正解:
(ア) 傷病手当金の計算における標準報酬日額は、支給開始日以前の継続した12ヵ月間の各月の標準報酬月額を30で割った金額です。
(イ) 傷病手当金の休業1日当たりの支給額は、標準報酬日額の3分の2相当額です。
【問20】

正解:
介護休業給付の支給日数1日あたりの支給額は、休業開始時賃金日額の67%相当額です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る ホーム 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。