お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP3級実技(FP協会)解説-2021年1月・前半

【問1】

正解:
1. 必要保障額の計算は誰でもすることができます。
2. 公的年金の受給見込み額の計算は誰でもすることができます。
3. 遺産分割に係る法律事務は弁護士資格を有している人しか行ってはいけません。
【問2】

正解:
(ア) 316×(1.02)^4=342.04…≒342です。
(イ) 672-693=▲21です。
(ウ) 726×1.01+46=779.26≒779です。
【問3】

正解:
(ア) PER=株価÷1株当たり純利益です。
1株あたり純利益=229.59円ですから、5,500円÷229.59円=23.95…≒24倍です。
(イ) 2019年12月期の配当性向は47.9%で、2020年12月期の配当性向は50.1%ですから、2020年12月期の配当性向は前期より上昇していると言えます。
【問4】

正解:
(ア) 購入時手数料が徴収されない投資信託をノーロード型の投資信託と言います。
(イ) 信託報酬は信託財産から毎日徴収されます。
(ウ) 投資家間の公平性を保つために、一般的に解約の際に徴収されるのは、信託財産留保額です。
【問5】

正解:
前面道路の幅員が12m未満ですから、容積率の上限は、指定容積率(400%)と、前面道路の幅員×法定乗数により求められた値のどちらか小さい方です。
前面道路の幅員×法定乗数=6×6/10=3.6=360%より、容積率の上限は360%となります。
したがって、延べ床面積の最高限度は、600㎡×360%=2,160㎡となります。

【問6】

正解:
(ア) 国土交通省が公表する、毎年1月1日を評価時点とする取引の指標の目安とするための土地の価格は、公示価格です。
(イ) 路線価は、毎年1月1日を評価時点とします。
(ウ) 固定資産税評価額は、固定資産税の課税主体である市区町村が公表します。
【問7】

正解:
建物の売買代金には消費税がかかりますが、土地の売買代金には消費税はかかりません。
したがって、この物件の税込の購入金額は、2,500万円×1.1+3,000万円=5,750万円となります。
【問8】

正解:
終身保険金額500万円+定期保険特約保険金額1,000万円+特定疾病保障定期保険特約保険金額1,000万円=2,500万円となります。
【問9】

正解:
個人賠償責任保険は、業務中の賠償事故は免責となっています。
【問10】

正解:
1. 被保険自動車を運転中に、横断歩道の歩行者に接触して怪我を負わせた場合、対人賠償保険によって補償されます。
2. 被保険自動車を運転中に、単独事故を起こして車体が損傷した場合の修理費用は、車両保険によって補償されます。
3. 対人賠償保険は、家族が被害者である事故は免責となっています。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



一覧へ 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。