お金の寺子屋

FP3級学科解説-2022年5月・問21~30

(21)
正解:〇
正しい記述です。登記記録は、手数料さえ支払えば、誰でも閲覧することができます。
(22)
正解:〇
正しい記述です。8種規制の一つです。
(23)
正解:×
定期建物賃貸借契約においては、契約の更新はありません(再契約は可能です)。よって更新を拒絶する際に正当事由の有無が問題になることはありません。
(24)
正解:〇
正しい記述です。
(25)
正解:×
「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円特別控除」の適用を受けるための所有期間の要件はありません。

(26)
正解:〇
正しい記述です。
(27)
正解:〇
第3順位の血族相続人(被相続人の兄弟姉妹)以外の法定相続人には、遺留分があります。
(28)
正解:〇
正しい記述です。
(29)
正解:×
被相続人の貸家が建っている被相続人の土地は、相続税の計算上、貸家建付地として評価されます。
(30)
正解:×
貸付事業用宅地等に該当する土地は、200㎡まで50%評価減されます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る ホーム 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。