お金の寺子屋

FP3級学科解説-2022年5月・問11~20

(11)
正解:×
収益分配金支払い後の基準価額が受益者の個別元本を下回る場合、支払われた分配金のうち、個別元本を下回る部分については元本払戻金(特別分配金)となります。
(12)
正解:×
上場株式の受け渡しは、約定日から起算して3営業日後です。
(13)
正解:〇
正しい記述です。
(14)
正解:×
2資産からなるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が-1である場合、分散投資によるリスク軽減効果は最大になります。
(15)
正解:×
NISA勘定やつみたてNISA勘定を通して買い付けた有価証券は、いつでも売却することができます。

(16)
正解:×
所得税において、特定公社債の利子は、申告分離課税の対象になります。
(17)
正解:×
不動産の貸付に係る所得は、その規模を問わず不動産所得となります。
(18)
正解:〇
正しい記述です。
(19)
正解:〇
正しい記述です。
(20)
正解:〇
正しい記述です。配当所得はその課税方法によって特有のメリットがあります。総合課税を選択した場合には配当控除を受けることができ、申告分離課税を選択した場合には上場上場株式等の譲渡損失と損益通算をすることができ、申告不要制度を選択した場合には収入金額に算入されません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る ホーム 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。