お金の寺子屋

FP3級学科解説-2021年9月・問41~50

(41)

正解:2
基準価額の推移は、個別元本10,500円→分配落ち前10,900円→分配落ち後10,200円であると読み取ることができます。
したがって、700円の収益分配金のうち、利益を元に支払われる普通分配金は400円で、元本払戻金は300円となります。
(42)

正解:1
{3+(100-102)÷5}102÷×100=2.549…(%)です。
(43)

正解:2
PBR=株価÷1株あたり純資産です。
(44)

正解:1
買う権利はコールオプションで、売る権利はプットオプションです。
プレミアム(オプションの価格)は、権利を行使できる可能性が大きいほど高くなりますから、満期までの残存期間が長いほどプレミアムは高くなります。
(45)

正解:1
異なる2つの資産からなるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が-1である場合、2つの資産は真逆の値動きをすることになり、リスクの低減効果は最大になります。

(46)

正解:1
一時所得の金額=総収入金額-収入を得るために直接要したお金-特別控除額(最高50万円)ですから、一時所得の金額=600万円-400万円-50万円=150万円になります。
一時所得はその2分の1相当額が総所得金額に算入されますから、総所得金額に算入される一時所得の金額は、150万円×1/2=75万円となります。
(47)

正解:3
外貨預金の為替差益は、為替予約を締結していない場合には雑所得になります。
(48)

正解:1
不動産所得の金額=150万円-300万円=▲150万円 です。
不動産所得の計算上赤字が出た場合には、そのうち土地取得のための借入金の利子を除いた部分が損益通算の対象となりますから、損益通算の対象額は、150万円-10万円=140万円となります。
(49)

正解:1
上場株式の配当について配当控除を受けるためには、配当所得の課税方法について総合課税を選択する必要があります。
(50)

正解:2
所得税の確定申告の期限は、原則として、翌年の2月16日から3月15日までです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る 一覧へ 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。