お金の寺子屋

FP3級学科解説-2021年9月・問21~30

(21)
正解:×
不動産の登記記録の表題部には、土地・建物についての物理的な状況が記載されています。
(22)
正解:〇
正しい記述です。後で契約の更新の有る無しで揉めると困るからです。
(23)
正解:×
容積率とは、建築物の延べ床面積の敷地面積に対する割合を言います。なお、問題文は建蔽率の説明です。
(24)
正解:×
住宅用地に対する固定資産税の課税標準の特例は、敷地上に立っている建物が自宅でもアパートでも適用を受けることができます(一定要件を満たす店舗併用住宅も適用を受けることができます)。
(25)
正解:×
問題文は、建設協力金方式の説明です。

(26)
正解:〇
正しい記述です。一旦相続時精算課税制度を選択すると、その贈与者からの贈与について暦年課税を選択することはできなくなります。
(27)
正解:×
法定相続分とは、あくまでも遺産分割の目安であり、必ずしも法定相続分通りに遺産を分割する必要はありません。
(28)
正解:〇
被相続人の配偶者及び1親等内の親族(代襲相続人を含む)以外の人は2割加算の対象になりますから、2親等の親族である兄弟姉妹も2割加算の対象となります。
(29)
正解:〇
正しい記述です。
(30)
正解:×
特定居住用宅地等と貸付事業用宅地等の両方について小規模宅地の特例の適用を受けようとする場合、適用対象面積の調整計算をする必要があります。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る 一覧へ 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。