お金の寺子屋

FP3級学科解説-2021年9月・問1~10

(1)
正解:×
公的介護保険の第2号被保険者は、40歳以上65歳未満の人です。
問題文は、第1号被保険者の説明文です。
(2)
正解:×
自己都合退職をした人が雇用保険の基本手当を受給する場合は、基本的に2ヵ月間(最長3ヵ月間)の給付制限期間があります。
(3)
正解:×
国民年金基金の年金額は、運用成果によって変動するものではなく、型ごとに一定です。
(4)
正解:〇
他の条件が同じであれば、元金均等返済よりも元利均等返済の方が元金の減り方が緩やかなため、支払う利息が多くなります。
(5)
正解:×
国の教育ローンと日本学生支援機構の奨学金は、重複して利用することができます。

(6)
正解:〇
正しい記述です。
(7)
正解:〇
正しい記述です。
(8)
正解:×
普通傷害保険は、国内旅行傷害保険や海外旅行傷害保険と異なり、細菌性食中毒を補償しません。
(9)
正解:〇
正しい記述です。施設所有者賠償責任保険は、施設の欠陥や管理の不備による事故、または、その施設の内外での業務の遂行中における事故を補償します。
(10)
正解:〇
正しい記述です。リビングニーズ特約は、被保険者の余命が6ヵ月以内と判断された場合に、3,000万円以内で死亡保険金の一部または全部を非課税で生前に受け取ることができる特約です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



一覧へ 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。