お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP3級学科解説-2021年5月・問31~40

(31)

正解:3
積立型運用の現在の金額を求める際に使用する係数は、減債基金係数です。
(32)

正解:3
健康保険の被保険者が任意継続被保険者となるためには、離職の日の翌日から20日以内に手続きを行う必要があります。
(33)

正解:3
国民年金の保険料の猶予を受け、その期間に係る保険料を追納しなかった場合には、受給資格期間には算入されますが、年金額の計算には反映されません。
(34)

正解:2
老齢年金を繰り下げた場合、1ヵ月あたり0.7%年金額が増額されますから、2年間(24ヵ月)繰り下げた場合の増額率は、0.7×24=16.8%となります。
(35)

正解:2
元利均等返済は毎月の返済額が変わらない返済方法で、元金の減少とともに利息も減少しますから、時間の経過に従って、返済額の内訳に占める利息の割合が減り、元金の割合が増えます。

(36)

正解:1
ソルベンシーマージン比率は、200%を下回ると行政措置の対象になります。
(37)

正解:1
先進医療特約は介護医療保険料控除の対象になります。
なお、2012年以降に契約した、傷害特約のような身体の傷害のみに起因して保険金が支払われる契約の保険料は、生命保険料控除の対象になりません。また、 定期保険の保険料は一般の生命保険料控除の対象になります。
(38)

正解:3
地震保険の保険金額は、建物については5,000万円まで、家財については1,000万円までしか設定することができません。
(39)

正解:1
普通傷害保険は偶然かつ急激な外来の事故に備える保険です。
細菌性食中毒は普通傷害保険による補償の対象とはなりません。
(40)

正解:2
休業した場合の利益損失を補償する保険は、企業費用・利益総合保険です。
労働災害総合保険は従業員の労災事故に備える保険で、施設所有(管理)者賠償責任保険は、施設の管理や業務の遂行に起因する対人・対物事故による賠償責任を補償する保険です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る 一覧へ 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。