お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP3級学科解説-2021年5月・問21~30

(21)
正解:〇
正しい記述です。
毎年、膨大な数がある土地や家屋の固定資産税の評価を行っているとコストがかかりますから、原則として3年毎に評価替えすることで徴税コストを下げています。
(22)
正解:×
市街化調整区域は市街化を抑制すべき区域です。
問題文は市街化区域の説明です。
(23)
正解:〇
正しい記述です。
(24)
正解:×
相続により不動産を取得した場合には不動産取得税は課されませんが、贈与により不動産を取得した場合には不動産取得税が課されます。
(25)
正解:×
「居住用財産を譲渡した場合の3,000万円の特別控除」の適用を受けるための所有期間の要件はありません。

(26)
正解:×
暦年課税による贈与税額の計算上、基礎控除額は、受贈者一人につき最高で110万円です(贈与者の数は関係ありません)。
(27)
正解:〇
正しい記述です。
(28)
正解:〇
正しい記述です。
(29)
正解:×
香典返礼費用は債務控除の対象外です。
(30)
正解:×
「小規模宅地等の評価減の特例」は、配偶者は無条件で適用を受けることができます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る 一覧へ 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。