お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP3級学科解説-2021年5月・問11~20

(11)
正解:〇
正しい記述です。
(12)
正解:〇
正しい記述です。
(13)
正解:〇
正しい記述です。
(14)
正解:〇
正しい記述です。
(15)
正解:〇
正しい記述です。

(16)
正解:×
源泉分離課税により課税されるものは、その時点で課税関係が終了し確定申告を行う必要はありません。
(17)
正解:×
不動産の貸付けによる所得は、その規模を問わず不動産所得となります。
(18)
正解:×
一時所得の額=収入金額-その収入を得るために支出した金額-特別控除額(最高50万円)です。
また、一時所得の金額は、その2分の1相当額が総所得金額に算入されます。
よって、このケースでは、一時所得=500万円-400万円-50万円=50万円となり、総所得金額に算入される一時所得の金額は、25万円になります。
(19)
正解:〇
正しい記述です。
(20)
正解:×
J-REITの分配金については、法人税と所得税の二重課税の問題がないため、配当控除の対象とはなりません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る 一覧へ 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。