お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP3級学科解説-2021年5月・問1~10

(1)
正解:×
公的介護保険の第2号被保険者は、16種類の特定疾病により要介護状態または要支援状態になった場合に、介護保険から給付を受けることができます。
(2)
正解:〇
正しい記述です。
(3)
正解:×
国民年金の第3号被保険者は、国民年金の第2号被保険者に生計を維持されている20歳以上60歳未満の配偶者です。
(4)
正解:〇
障害等級1級に該当する人に支給される障害基礎年金の額=老齢基礎年金の満額×1.25+子の加算額です。
障害等級2級に該当する人に支給される障害基礎年金の額=老齢基礎年金の満額+子の加算額です。
(5)
正解:〇
正しい記述です。

(6)
正解:×
保険募集人が保険契約の締結の媒介を行う場合には、当該募集人に契約締結権がないため、申し込みを保険会社が承諾した時点で契約が成立します。
ちなみに、保険の募集には保険募集人が保険契約の締結の代理を行う場合もあります。このケースにおいては、保険募集人は契約締結権を有しており、保険募集人が承諾した時点で契約が成立します。
(7)
正解:×
払済保険は、保険料の払込を中止して、その時点での解約返戻金を原資に、元の契約と保険期間が変わらない生命保険に切り替えるものです。
なお、問題文は延長保険の説明です。
(8)
正解:×
子ども保険は、保険期間中に契約者(=保険料負担者)である親が死亡した場合、一般的に、以後の保険料の払い込みが免除され契約が継続します。
(9)
正解:×
確定年金は、有期年金の保証期間を年金支払期間中と等しくした商品です。
従って、年金支払期間中に被保険者が死亡した場合、被保険者の遺族に残りの期間に対応する年金または一時金が支払われます。
(10)
正解:〇
正しい記述です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



一覧へ 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。