お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP3級学科解説-2021年1月・問41~50

(41)

正解:1
GDPデフレーターを使って名目GDPの物価変動の影響を取り除いた指標を、実質GDPと言います。
(42)

正解:2
基準価額の推移は、個別元本14,000円→分配落ち前14,100円→分配落ち後13,800円であると読み取ることができます。
したがって、300円の収益分配金のうち、利益を元に支払われる普通分配金は100円で、元本払戻金は200円となります。
(43)

正解:2
個人向け国債は、0.05%の最低保証利率があり、1万円単位で購入することができます。
(44)

正解:2
{02+(102-103)÷2}÷103×100=1.4563…≒1.46%となります。
(45)

正解:3
PER=株価÷1株あたり純利益=1,200円÷80円=15倍です。
PBR=株価÷1株あたり純資産=1,200円÷800円=1.5倍です。

(46)

正解:3
固定資産税は市町村が課税主体である地方税です。
(47)

正解:3
国内において支払を受ける預貯金の利子に係る利子所得に適用される税率は、所得税15%、復興特別所得税0.315%、住民税5%です。
また、国内において支払を受ける預貯金の利子に係る利子所得は、源泉分離課税されます。
(48)

正解:1
建物に係る減価償却の方法は、定額法のみ認められています。
(49)

正解:1
住宅ローン控除の適用を受ける場合、10年以上の返済期間があるローンを組む必要があります。
(50)

正解:3
給与の年間収入金額が2,000万円を超える人、給与所得と退職所得以外の所得の合計額が20万円を超える人、医療費控除の適用を受けようとする人などは、所得税の確定申告をしなくてはいけません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る 一覧へ 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。