お金の寺子屋

FP2級実技(FP協会)解説-2022年5月・問29~34

【問29】~【問34】は、以下の資料を元に解答してください。

<設例>
香川篤志さんは、民間企業に勤務する会社員である。篤志さんと妻の由美子さんは、今後の資産形成や家計の見直しなどについて、FPで税理士でもある大津さんに相談をした。なお、下記のデータはいずれも2022年4月1日現在のものである。

<家族構成>
[香川 篤志 (本人)]
生年月日:1975年11月3日(46歳)
会社員(正社員)

[香川 由美子(妻)]
生年月日:1979年8月30日(42歳)
パートタイマー

[香川 勇樹(長女)]
生年月日:2007年2月22日(15歳)
高校生

<収入金額(2021年)>
[篤志さん]
給与収入850万円。給与収入以外の収入はない。

[由美子さん]
給与収入95万円。給与収入以外の収入はない。

<金融資産(時価)>
[篤志さん名義]
銀行預金(普通預金):150万円
銀行預金(定期預金):400万円

[由美子さん名義]
銀行預金(普通預金):20万円
銀行預金(定期預金):200万円

<住宅ローン>
契約者:篤志さん
借入先:KM銀行
借入時期:2007年8月
借入金額:2,800万円
返済方法:元利均等返済(ボーナス返済なし)
金利:全期間固定金利型
返済期間:35年間

<保険>
[定期保険A]
保険金額2,500万円。保険契約者(保険料負担者)および被保険者は篤志さん、保険金受取人は由美子さんである。

[火災保険B]
保険金額2,000万円。地震保険付帯。保険の目的は自宅建物。保険期間は35年(地震保険は1年)。保険契約者(保険料負担者)および保険金受取人は篤志さんである

【問29】
篤志さんは下記<資料>のKM銀行の外貨定期預金キャンペーンに関心を持っている。この外貨定期預金について、満期時の外貨ベースの元利合計額を円転した金額として、正しいものはどれか。

預入額:10,000米ドル
預入期間:1ヵ月
預金金利:6.0%(年率)
為替レート(1米ドル)
TTS TTM TTB
満期時 112.00円 111.00円 110.00円
利息の計算に際しては、預入期間は日割りではなく月単位で計算すること。
為替差益・為替差損に対する税金については考慮しないこと。
利息に対しては、米ドル建ての利息額の20%(復興特別所得税は考慮しない)相当額が所得税・住民税として源泉徴収されるものとすること。
計算過程において、小数点以下の端数が発生した場合は、小数点以下第3位を四捨五入すること。
1. 1,152,800円
2. 1,124,480円
3. 1,105,500円
4. 1,104,400円
正解:

満期時の米ドルベースの資産額は、10,000米ドル×{1+0.06×1/12×(1-0.2)}=10,040米ドルです。
円転する際には、TTBを使いますから、円転額は、10,040米ドル×110.00円/米ドル=1,104,400円となります。

<別解>
10,000米ドルを年利6%で運用すると、1年あたり600米ドル増えます。
よって、1ヵ月あたり増える金額は、300米ドル×1/12=50米ドルです。
ここに20%の税金がかかりますから、手取りは50米ドル×0.8=40米ドルとなり、満期時の米ドルベースでの資産は、10,040米ドルになります。

【問30】
篤志さんは、現在居住している自宅の住宅ローン(全期間固定金利型、返済期間35年、元利均等返済、ボーナス返済なし)の繰上げ返済を検討しており、FPの大津さんに質問をした。篤志さんが住宅ローンを180回返済後に、100万円以内で期間短縮型の繰上げ返済をする場合、この繰上げ返済により短縮される返済期間として、正しいものはどれか。なお、計算に当たっては、下記<資料>を使用し、繰上げ返済額は100万円を超えない範囲での最大額とすること。また、繰上げ返済に伴う手数料等は考慮しないものとする。

<資料:香川篤志さんの住宅ローンの償還予定表の一部>
1. 1年6ヵ月
2. 1年5ヵ月
3. 1年4ヵ月
4.   9ヵ月
正解:
19,107,829円-100万円=18,107,829円です。
18,107,829円より大きい額で最小の額は、196回返済後の18,129,294円ですから、短縮期間は181回~196回の16ヵ月(=1年4ヵ月)となります。
【問31】
篤志さんは、つみたてNISA(非課税累積投資契約に係る少額投資非課税制度)とiDeCo(個人型確定拠出年金)についてFPの大津さんに質問をした。大津さんがつみたてNISAとiDeCoの概要を説明する際に使用した下表の空欄(ア)~(エ)に入る適切な数値を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。

<つみたてNISAとiDeCoの概要>
<語句群>
1.20  2.24  3.30  4.40
5.60  6.65  7.70  8.80
9.81.6 10.100 11.120
<語句群>
1.20 2.24 3.30 4.40
5.60 6.65 7.70 8.80
9.81.6 10.100 11.120
正解:4、9、1、5
(ア) つみたてNISAの非課税投資枠は、年間40万円です。
(イ) 自営業者など国民年金の第1号被保険者が拠出することができる個人型の確定拠出年金(iDeCo)の掛金の上限は、年額816,000円です。
(ウ) つみたてNISAの非課税期間は最長20年間です。
(エ) iDeCoの運用資金は、原則として、60歳まで引き出すことができません。

【問32】
下記<資料>を基に、篤志さんの自宅に係る年間の地震保険料を計算しなさい。篤志さんの自宅は大阪府にあるロ構造の一戸建てで、地震保険の保険金額は、2022年4月1日現在の火災保険の保険金額に基づく契約可能な最大額である。なお、地震保険料の割引制度は考慮外とする。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。

<資料:年間保険料例(地震保険金額100万円当たり、割引適用なしの場合)>
正解:21,200円
地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の30%~50%の範囲内で設定します。<設例>より、火災保険の保険金額は2,000万円ですから、地震保険の保険金額の最大額は、2,000万円×50%=1,000万円です。
資料より、大阪府にあるロ構造の建物に係る地震保険料は、保険金額100万円あたり年間2,120円ですから、地震保険の保険料は、2,120円/100万円×1,000万円=21,200円となります。
【問33】
篤志さんが仮に2022年5月に46歳で在職中に死亡した場合、篤志さんの死亡時点において由美子さんが受け取ることができる公的年金の遺族給付の組み合わせとして、正しいものはどれか。なお、篤志さんは、大学卒業後の22歳から死亡時まで継続して厚生年金保険の被保険者であったものとする。また、家族に障害者に該当する者はなく、記載以外の遺族給付の受給要件はすべて満たしているものとする。

1. 遺族基礎年金+遺族厚生年金
2. 遺族基礎年金+遺族厚生年金+中高齢寡婦加算
3. 遺族基礎年金+中高齢寡婦加算
4. 遺族厚生年金
正解:
由美子さんは、国民年金の(第2号)被保険者に生計を維持されていた子または子のある配偶者に該当しますから、遺族基礎年金が支給されます。
由美子さんは、厚生年金保険の被保険者に生計を維持されていた配偶者に該当しますから、遺族厚生年金が支給されます。
中高齢寡婦加算は、厚生年金保険の被保険者であった夫の死亡当時40歳以上65歳未満の子のない妻などに加算されますから、加算されません。
【問34】
篤志さんの健康保険料に関する(ア)~(ウ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。なお、篤志さんは全国健康保険協会管掌健康保険(協会けんぽ)の被保険者である。また、健康保険料の計算に当たっては、下記<資料>に基づくこととする。

<資料>
[篤志さんに関するデータ]
給与:毎月600,000円(標準報酬月額590,000円)
賞与:1回につき650,000円
※賞与は年2回支給される。

[健康保険の保険料率]
介護保険第2号被保険者に該当しない場合:10.00%(労使合計)
介護保険第2号被保険者に該当する場合:11.80%(労使合計)

(ア) 毎月の給与に係る健康保険料のうち、篤志さんの負担分は30,000円である。
(イ) 年2回支給される賞与について、健康保険料は徴収されない。
(ウ) 篤志さんが負担した健康保険料は、所得税の計算上、全額が社会保険料控除の対象となる。
正解:×、×、◯
(ア) 健康保険の保険料は労使折半で納めますから、毎月の給与に係る健康保険料のうち、篤志さんの負担分は、590,000円×11.80%×1/2=34,810円となります。
(イ) 健康保険料は、賞与からも徴収されます。
(ウ) 正しい記述です。個人が負担した健康保険料は、所得税の計算上、全額が社会保険料控除の対象になります。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る ホーム 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。