お金の寺子屋

FP2級実技(FP協会)解説-2022年5月・問1~10

【問1】
正解:×、◯、×、◯
(ア) 社会保険労務士の資格を有しない人は、社会保険の申請書の作成や手続きの代行をすることができません(但し、弁護士の資格を有している場合には可能です)。
(イ) 必要保障額の計算は誰でもすることができます。
(ウ) 税理士の資格を有しない人は、具体的な納税額の計算をすることができません。
(エ) 公正証書遺言の証人になるために有しておかなくてはいけない資格はありません。
【問2】
正解:
1. 正しい記述です。
2. 正しい記述です。
3. 金融事業者が策定した業務運営に関する方針は、より良い業務運営を実現するため、定期的に見直されるべきであると言えます。
4. 正しい記述です。
【問3】
正解:940、390
普通預金、定期預金、財形貯蓄は、元本1,000万円とその利息まで預金保険制度による保護の対象になりますが、投資信託や外貨預金は預金保険制度による保護の対象にはなりません。
よって、隆雄さんの金融資産のうち保護される金額は、120万円+420万円+380万円+20万円=940万円となります。
また、美也子さんの金融資産のうち保護される金額は、40万円+280万円+10万円+60万円=390万円となります。
【問4】
正解:55、5、550、5
(ア) 財形年金貯蓄財形住宅貯蓄は、契約時の年齢が満55歳未満でなくては、契約することができません。
(イ) 財形年金貯蓄財形住宅貯蓄は、原則として、5年以上の期間にわたって積立なくてはいけません。
(ウ) 財形年金貯蓄財形住宅貯蓄の保険型商品は、財形年金貯蓄と合算して550万円までしか保険料を払い込むことができません。
(エ) 財形住宅貯蓄の貯蓄型の商品について、目的外の払い戻しを受けた場合、過去5年間に遡って課税されます。
【問5】
正解:
分配金1,000円のうち、個別元本を上回る部分(普通分配金)は750円で、下回る部分(元本払戻金)は250円です。
分配落ち後の個別元本(正味の投資額)は、分配落ち前の個別元本-元本払戻金の額の式で計算されますから、分配落ち後の個別元本=15,750円-250円=15,500円となります。

【問6】
正解:
(ア) 取引単位が1,000倍の先物を単価31,000円で2枚(3,100万円×2)買い建てたのち、これを単価31,500円(3,150万円×2)で売却していますから、31,500円×1,000×2-31,000円×1,000×2=1,000,000円受け取る事になります。
(イ) 同上
(ウ) 少額の資金で多額の取引をすることにより、元手の資金に対する利益率を上げる効果をレバレッジ効果といいます。
(エ) 先物取引において担保として差し入れるお金を証拠金と言います。
【問7】
正解:172.8㎡
道路の反対側が宅地で、敷地が面している道路の幅員が4mに満たない場合、道路の中心線から2m後退した線が、道路と敷地の境界線とされます。
よって、道路と敷地の境界線は、2m-2.8m÷2=0.6m後退した線となり、建築基準法上の敷地面積は、20m×(15m-0.6m)=288㎡となります。
よって、建築面積の最高限度は、288㎡×60%=172.8㎡となります。
【問8】
正解:◯、◯、×、×
(ア) 正しい記述です。
(イ) 正しい記述です。抵当権は複数設定することができます。
(ウ) 権利部の乙区からは、所有権に関する情報を読み取ることはできません(他人の土地を抵当に入れることも可能であるため、抵当権を設定した債務者が、抵当権設定時のその土地の所有者であるとは言えません)。
(エ) 抵当権を設定する原因となった債務を完済した場合、当該抵当権の登記は自動的には抹消されず、抹消するためには抹消登記を行う必要があります。
【問9】
正解:
(ア) 公示価格は国土交通省が公表します。
(イ) 固定資産税評価額は公示価格の70%を目安に設定されます。
(ウ) 相続税路線価は相続税や贈与税の計算をする際に用いるものです。なお、不動産取得税の課税標準は、固定資産税評価額です。
【問10】
正解:
概算取得費は収入金額の5%相当額ですから、6,600万円×5%=330万円となります。
よって、譲渡所得の額=6,600万円-330万円-240万円-3,000万円=3,030万円となります。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



ホーム 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。