お金の寺子屋

FP2級実技(FP協会)解説-2021年9月・問35~40

【問35】
正解:7,660

<資産>
預貯金等:4,870万円
株式・投資信託:230万円
生命保険:840万円
事業用資産:160万円
土地:1,240万円
建物:540万円
その他:300万円
より、計8,180万円です。

<負債>
住宅ローン:300万円
自動車ローン:220万円
より、計520万円です。

したがって、純資産=8,180万円-520万円=7,660万円となります。

【問36】
正解:○、×、○
(ア) 正しい記述です。
(イ) 青色申告特別控除は個人の青色申告者限定の特典ですから、法人の青色申告者が適用を受けることはできません。
(ウ) 正しい記述です。法人の設立時には基準期間がないため、基本的には、設立最初の事業年度は消費税の免税事業者となります。
【問37】
正解:

<死亡保険金>
死亡保険金の額=定期保険A1,000万円+定期保険特約付終身保険B200万円+2,000万円+終身保険C300万円+(災害割増特約)300万円+変額終身保険D600万円=4,400万円です。

<預貯金等・株式・投資信託>
4,270万円+600万円+230万円=5,100万円です。

<返済すべき負債>
住宅ローンには団体信用生命保険が付いているため、自動車ローンの220万円のみです。

したがって、純資産=4,400万円+5,100万円-220万円=9,280万円となります。


【問38】
正解:75,000
配当金が支払われた際、配当所得に対して所得税15%と住民税5%が源泉徴収されます。
配当所得の金額は60万円で、源泉徴収されている所得税の金額は9万円であると読み取ることができます。
配当所得の金額は株式等に係る譲渡損失と損益通算することができますから、損益通算後の配当所得の金額は、60万円-50万円=10万円となります。
よって、本来納めるべき所得税の金額は、10万円×15%=15,000円となり、源泉徴収されている9万円との差額の75,000円が還付されます。
【問39】
正解:
(ア) 雇用保険において、65歳未満の被保険者を一般被保険者と言い、65歳以上の被保険者を高年齢被保険者と言います。
(イ) 高年齢被保険者に支給される求職者給付を、高年齢求職者給付金と言います。
(ウ) 高年齢求職者給付金を受け取るためには、給付制限期間があります。
(エ) 高年齢求職者給付金は一時金であるため、失業の認定は一回限り行われます。
【問40】
正解:×、○、○
(ア) 小規模企業共済とiDeCoは同時に加入することができます。
(イ) 正しい記述です。
(ウ) 正しい記述です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る 一覧へ 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。