お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP2級実技(FP協会)解説-2021年5月・問23~28

【問23】
正解:290
281万円×(1.01)^3=289.51…万円≒290万円です。
【問24】
正解:400
238万円×1.01+(546-386)万円=400.38万円です。
【問25】
正解:
1. 正しい記述です。
2. 正しい記述です。
3. 育児休業給付金は、1歳または1歳2ヵ月(支給対象期間の延長に該当する場合は、1歳6ヵ月または2歳)未満の子供を養育するために育児休業をしている人に支給されます。
4. 正しい記述です。

【問26】
正解:18,046,000
取崩型運用の現在の金額を求める際に使う係数は年金現価数です。
よって、100万円×18.046=18,046,000円となります。
【問27】
正解:23,220,000
一括型運用の将来の金額を求める際に使う係数は終価係数です。
よって、2,000万円×1.161=23,220,000円となります。
【問28】
正解:652,000
積立型運用の現在の金額を求める際に使う係数は減債基金係数です。
よって、400万円×0.163=652,000円となります。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る 一覧へ 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。