お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP2級実技(FP協会)解説-2020年9月・問29~34

【問29】
正解:1,850
建物の税抜価格=150万円÷10%=1,500万円です。
よって、土地の価格=3,500万円-1,500万円-150万円=1,850万円となります。
【問30】
正解:
1. 正しい記述です。
2. 正しい記述です。
3. 正しい記述です。
4. また、連帯保証方式である収入合算で住宅ローンを契約する場合、契約者は一人です。団体信用生命保険は契約者にしかつけることができません。
【問31】
正解:○、○、○、×
(ア) 正しい記述です。
(イ) 正しい記述です。
(ウ) 正しい記述です。
(エ) 所得税の計算上、寄付金控除は所得控除の一つです。

【問32】
正解:
15万円/月×12月×20年=3,600万円です。
【問33】
正解:○、×、○、×
(ア) 出産手当金の支給期間は、基本的に、出産の日以前42日から出産の日後56日間です。
(イ) 出産手当金の額は、標準報酬日額の3分の2相当額です。
(ウ) 産前産後休業期間中の健康保険および厚生年金保険の保険料の免除の申請をすると、被保険者負担分と事業主負担分の両方が免除されます。
(エ) 産前産後休業期間中の保険料の免除を受けた期間は、年金額の計算上、保険料納付済期間として扱われます。
【問34】
正解:
結衣さんは、遺族基礎年金の受給要件である、死亡した人に生計を維持されていた子のある配偶者に該当します。また、厚生年金保険の受給要件である、死亡した被保険者に生計を維持されていた配偶者にも該当します。
ちなみに、中高齢寡婦加算は、夫の死亡当時40歳以上65歳未満の子のない配偶者などに支給されるものですから、中高齢寡婦加算が含まれる2~4は不適切となり、消去法で正解を導く事もできます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る 一覧へ 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。