お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP2級実技(FP協会)解説-2020年1月・問1~10

【問1】
正解:○、○、×、○
(ア) 仮定の事例に基づく一般的な説明は、誰でもできます。
(イ) 一般的な生命保険商品の商品性の概要を説明した上でライフプラン設計を行うことは、誰でもできます。
(ウ) 投資助言・代理業の登録をしていないFPが、具体的な投資時期などの判断や助言を行ってはいけません。
(エ) ねんきん定期便を基に公的年金の受給見込み額を計算することは、誰でもできます。
【問2】
正解:
1. 電話勧誘販売は、クーリングオフの対象取引です(期間:8日)。
2. 訪問買取は、クーリングオフの対象取引です(期間:8日)。
3. 連鎖販売取引は、クーリングオフの対象取引です(期間:20日)。
4. 通信販売は、クーリングオフの対象取引ではありません。
【問3】
正解:1,000、235
(ア) 外貨預金と投資信託以外の預金が保護されますが、合計が1,050万円になりますから、基本的に、1,000万円まで保護されます。
(イ) 投資信託以外の預金が保護されます。

65万円+100万円+30万円+40万円=235万円です。

【問4】
正解:
(ア) YL株式のPBR=株価÷一株当たり純資産=3,120円÷1,380円≒2.26倍です。
YM株式のPBR=17,840円÷6,870円≒2.59倍です。
PBRは、低い方が割安と言えます。
(イ) YL株式の配当利回り=一株当たり年間配当金÷株価=0.0160…≒1.6%です。
YM株式の配当利回り=250円÷17,840円=0.0140…≒1.4%です。
【問5】
正解:
(ア) 購入金額=1円/口×100万口=100万円より、購入時手数料=100万円×3.3%=33,000円です。
(イ) 個別元本10,000円、分配落ち前基準価額が12,000円で、2,500円の収益分配金が支払われ、分配落ち後基準価額が9,500円となっている事から、収益分配金のうち、2,000円が利益を元に支払われている普通分配金で、500円が元本払戻金であると言えます。

【問6】
正解:1.728
所有期間利回り(%)={1.3+(103-100)÷7}÷100×100=1.7285…より、小数点以下第4位を切り捨てると、1.728%となります。
【問7】
正解:
概算取得費は、譲渡価額の5%=260万円です。
よって、譲渡所得の金額=5,200万円-(260万円+200万円)-3,000万円=1,740万円となります。
【問8】
正解:
(ア) 土地には消費税はかかりませんが、建物の建築代金には消費税がかかります。
(イ) 居住用建物の家賃には消費税はかかりません。
(ウ) サービスの対価である事務手数料には消費税がかかります。
【問9】
正解:
(ア) 正しい記述です。
(イ) 正しい記述です。
(ウ) 正しい記述です。
(エ) 抵当権設定登記は自動的に抹消される訳ではなく、抹消しようとする場合には、抹消登記を行う必要があります。
【問10】
正解:
セットバック部分は、建ぺい率や容積率を計算する際の敷地面積に算入されません。
前面道路の幅員が4m未満である場合、原則として、道路の中心線から水平距離で2m位置が道路との境界線とされますから、敷地面積は、16m×(12-0.5)m=184㎡となります。
よって、建築面積の最高限度は、184㎡×6/10=110.4㎡となります。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



ホーム 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。