お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP3級実技(FP協会)解説-2020年1月・解説のみ

【問1】
正解:
1. 仮定の事例に基づく税金の計算は誰でもすることができます。
2. 必要保障額の計算は誰でもすることができます。
3. 投資助言代理業の登録をしていない人が、顧客と投資顧問契約を締結して投資助言をしてはいけません。
【問2】
正解:
(ア) 436万円×(1.01)^4=453.7…万円より、454万円です。
(イ) 340万円×1.01+43万円=386.4万円より、386万円です。
【問3】
正解:
(ア) 一般NISAとつみたてNISAは、どちらか一方しか使うことができません。
なお、両制度は毎年変更することができます。
(イ) つみたてNISAの非課税投資枠は、年間40万円です。
(ウ) つみたてNISAの非課税期間は最長20年間です。
【問4】
正解:
1. 株式投資信託は、株式を投資対象とすることができます。
2. 追加型投資信託は、いつでも購入することができます。
3. 外貨建て資産に投資する場合、為替ヘッジを行わなければ為替変動の影響を受けます。
【問5】
正解:
1. PER=330円÷22円=15倍で、これは、日経平均採用銘柄の平均(11.56倍)より割高です。
2. PBR=330円÷180円=1.833…倍で、これは、東証一部全銘柄の平均(1.11倍)より割高です。
3. 配当利回り(%)=8.5円÷330円×100=2.576…%で、これは、ジャスダック全銘柄の単純平均(1.93%)より高いです。
【問6】
正解:
前面道路の幅員に基づく容積率の上限は、6×6/10=3.6=360%で、これは指定容積率の300%を上回りますから、容積率の上限は300%となります。
したがって、延べ床面積の最高限度は、300㎡×300%=900 ㎡となります。
【問7】
正解:
セットバック部分は、建ぺい率や容積率を計算する際の敷地面積に算入されません。
前面道路の幅員が4m未満である場合、原則として、道路の中心線から水平距離で2m位置が道路との境界線とされますから、敷地面積は、20m×(15-0.5)m=290㎡となります。
【問8】
正解:
入院給付金5,000円×25+手術給付金5,000円×40=325,000円となります。
【問9】
正解:
(ア) 個人賠償責任保険は、飼い犬が他人に噛み付いて怪我をさせてしまった場合など、日常生活における様々な賠償事故を補償する保険です。
(イ) 住宅総合保険は、火災保険の一つで、地震による家屋の損害は補償の対象外です。
(ウ) 自賠責保険は、対人事故のみを保障を対象とし、対物事故は補償しません。
【問10】
正解:
1. 普通傷害保険は、細菌性食中毒による損害は補償しません。
2. 基本的に、スポーツ中の事故は、偶然かつ急激な外来の事故ですから、普通傷害保険の補償の対象です。
3. 業務中に指をドアで挟んだという事故は、偶然かつ急激な外来の事故ですから、普通傷害保険の補償の対象です。

【問11】
正解:
不動産所得の計算上、返還を要しないものは収入金額に算入され、返還を要するものは収入金額に算入されません。
よって、青色申告特別控除前の不動産所得の金額=380万円+20万円-210万円=190万円です。
【問12】
正解:
総所得金額は総合課税される所得の合計ですから、本問では、事業所得の額と給与所得の額合計で、退職所得の金額は含まれません。
よって、総所得金額=280万円+180万円=380万円となります。
【問13】
正解:
放棄は代襲原因ではありませんから相続人は、勝夫、正行、洋子の3人となり、配偶者相続人と第二順位の血族相続人の組み合わせですから、配偶者相続人の法定相続分は3分の2となり、残りの3分の1を血族相続人の頭数で按分します。
よって、各相続人の法定相続分は、勝夫2/3、正行1/6、洋子1/6となります。
【問14】
正解:
(ア) 相続の放棄または限定承認は、家庭裁判所で行う必要があります。
(イ) 相続税の申告期限は。相続の開始を知った日の翌日から10ヵ月以内です。
【問15】
正解:
贈与税の配偶者控除の適用を受けた場合、配偶者が控除を受けることができる金額は、最高で2,000万円で、さらに基礎控除を受けることができます。
よって、2,700万円-2,000万円-110万円=590万円となります。
【問16】
正解:

<資産>
普通預金100万円
定期預金50万円
財形住宅貯蓄0円
生命保険10万円
不動産3,000万円
の、計3,160万円

<負債>
住宅ローン2,500万円

よって、純資産=3,160万円-2,500万円=660万円となります。

【問17】
正解:
使用する係数は、年金終価係数です。
よって、36万円×10.950=3,942,000円となります。
【問18】
正解:
自己負担限度額=80,100円+(900,000円-267,100円)×1%=86,430円です。
本来の自己負担額は、90万円の3割=270,000円より、高額療養費制度により払い戻しを受けることができる金額=270,000円-86,430円=183,570円となります。
【問19】
正解:
厚生年金の被保険者が死亡した場合に遺族に遺族厚生年金が支給されます。
また、 厚生年金の被保険者である国民年金の第2号被保険者が死亡した場合、子のある配偶者には、遺族基礎年金も支給されます。
【問20】
正解:
契約者(=保険料負担者)と被保険者が同じである生命保険の死亡保険金は、相続税の課税対象となります。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



ホーム
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。