お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP2級学科解説-2019年9月・問51~60

【問51】

正解:
1. 既に実行が完了した贈与契約は、取り消すことはできません。
2. 負担付贈与ではない贈与契約において、贈与者が贈与財産に歌詞があることを知らなかった場合、贈与者は瑕疵担保責任を負いません。
3. 死因贈与契約も贈与契約の一つですから、贈与者と受贈者の双方の合意によって成立します。
4. 正しい記述です。
【問52】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 正しい記述です。なお、普通養子縁組が成立した場合は、養子と実方の父母との親族関係は継続します。
3. 未成年者が婚姻をする場合、父母のどちらか一方の合意が必要とされます。
4. 正しい記述です。
【問53】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 無償での名義変更は、贈与とみなされ、贈与税が課されます。
3. 正しい記述です。使用貸借契約について贈与税が発生することはありません。
4. 正しい記述です。
【問54】

正解:
1. 相続時精算課税制度の適用を受けるための受贈者の要件は、贈与を受けた年の1月1日において、20歳以上であることです。
2. 相続時精算課税制度を選択した受贈者は、その翌年以降において、特定贈与者から贈与により財産を取得すると、贈与税の納付の有無に関わらず、確定申告をしなくてはいけません。
3. 正しい記述です。
4. 相続時精算課税制度を選択した場合、贈与税の計算上適用される税率は、一律20%です。
【問55】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 正しい記述です。
3. 正しい記述です。
4. 相続開始後は、遺留分を放棄するための期限や手続きはありません。遺留分減殺請求権(2019年7月1日以降は、遺留分侵害額請求権)を行使しなければ良いだけだからです。

【問56】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 被相続人の死亡が業務上の死亡である場合、弔慰金の非課税枠は、被相続人の死亡当時における普通給与の3年分に相当する金額までとなります。
3. 正しい記述です。
4. 正しい記述です。
【問57】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 正しい記述です。
3. 使用貸借契約がなされている土地の所有者が死亡した場合、相続税の計算上、当該土地は自用地として評価されます。
4. 正しい記述です。
【問58】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 貸家の相続税評価額は、自用家屋としての評価額×(1-借家権割合×賃貸割合)として計算されます。
3. 正しい記述です。
4. 正しい記述です。
【問59】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 金銭の一括納付によって相続税を納付することが出来ない場合、納税義務者は、延納を選択することができ、延納によっても納付することが困難である場合に、物納を選択することができますから、延納と物納を任意に選択することができる訳ではありません。
3. 相続税の納税資金を用意するために相続により取得した土地を譲渡した場合、その譲渡に係る所得は、所得税の課税対象となります。
4. 小規模宅地の特例の適用を受けた宅地などを物納する場合の収容価額は、特例適用後の価額です。
【問60】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 債権放棄をするなど、会社の財務に悪影響を与えるような自社株式の評価額の引き下げは、不適切です。
3. 自社株式は、経営に関与する人が所有することが望ましいです。
4. 非上場株式等についての贈与税の納税猶予及び免除の特例の対象となる非上場株式は、後継者が受像前に既に保有していた議決権株式等を含めて、発行済議決権総数の3分の2に達するまでの部分に限られます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る ホーム
 
 
 
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。