お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP2級学科解説-2019年9月・問41~50

【問41】

正解:
1. 抵当権設定登記のような所有権以外の権利に係る登記記録は、権利部乙区に記録されます。
2. 所有権移転登記は義務ではなく任意です。
3. 登記事項証明書の交付申請は、インターネットを利用してオンラインで行うことができますが、登記事項証明書の受領は、オンラインで行うことはできません。
4. 正しい記述です。登記には公信力がありません。
【問42】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 正しい記述です。
3. 正しい記述です。
4. 固定資産税評価額は、公示価格の70%を目安に設定されます。
【問43】

正解:
1. 手付金の授受後、取引の相手方が契約の履行に着手すると、手付金相当額を支払うことにより解除することができなくなります。
2. 正しい記述です。
3. 不動産について二重に売買が締結された場合、当該複数の買主間においては、原則として、先に所有権移転登記を行った人が当該不動産の所有権を取得します。
4. 共有物の変更は、他の共有者全員の許可を得なくてはなりませんが、持分の譲渡は自由にできます。
【問44】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 正しい記述です。
3. 正しい記述です。
4. 賃借人からの請求があった時点で、建物について、期間の定めのない賃貸借契約が成立したものとみなされます。
【問45】

正解:
1. 普通借家契約において、賃貸人が契約の更新をしない旨を通知する為には、正当事由は必要ありません。
2. 正しい記述です。
3. 正しい記述です。
4. 正しい記述です。

【問46】

正解:
前面道路の幅員による容積率の制限を計算する際の法定乗数は、住居系の用途地域では4/10、それ以外の用途地域では6/10です。
つまり、本問のケース(商業地域)では6/10となり、前面道路の幅員による容積率の制限=8×6/10=480%となります。
指定容積率500%>480%より、この敷地の容積率の上限は480%になりますから、延床面積の上限は、100㎡×480%=480㎡となります。
【問47】

正解:
1. 集会の招集の通知は、規約で別段の定めをしない限り、開催日の少なくとも1週間前に会、議の目的たる事項を示して各区分所有者に発しなければならないこととされています。
2. 正しい記述です。
3. 正しい記述です。
4. 正しい記述です。
【問48】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 正しい記述です。
3. 正しい記述です。
4. 印紙が消印されていない場合の過怠税は、その印紙の額面相当額です。問題文は、印紙を貼付していない場合の説明です。
【問49】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 3,000万円特別控除を受ける為の、建物の所有期間の要件はありません。
3. 正しい記述です。
4. 正しい記述です。
【問50】

正解:
1. 部分譲渡方式では、土地の一部を拠出します。
2. 正しい記述です。
3. 正しい記述です。
4. 正しい記述です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る ホーム 進む>
 
 
 
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。