お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

【FP2級無料講座】公的年金制度の概要

論点解説
【重要度】★★★★★
直接試験に出るかと言えば怪しいですが、絶対に知っておかなくてはいけない内容です。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
公的年金制度の概要 0:00~
制度の全体像 1:14~
公的年金の給付 2:16~

確認問題

【問1】
公的年金の給付財源は、3分の1が国庫負担である。
【答1】
×:公的年金の給付財源の国庫負担割合は、2分の1です。
【問2】
年金の増加率を物価の増加率よりも抑える仕組みを、マクロ経済スライドと言う。
【答2】
○:マクロ経済スライドにより、現役世代の負担の軽減(年金財政の均衡)が図られています。
【問3】
公的年金は、偶数月の15日に、前2ヵ月分が後払いされる。
【答3】
○:「孫来(きた)る、偶数月の、15日」という川柳で覚えても良いかもしれません。孫が年金支給日にお小遣いをねだりに来る、という意味です。
ちなみに、年金の支給期間(受給権の発生から消滅まで)は、誕生日の前日が属する月の翌月から、死亡した日が属する月までです。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



ホーム
 
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。