お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

【FP2級無料講座】雇用保険

論点解説
【重要度】★★★★☆
まずは、基本手当の概要をきちんと押さえてください。就業促進給付、高年齢雇用継続給付、一般教育訓練給付も捨てがたい論点です。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
雇用保険の概要 0:00~
基本手当 1:29~
就業促進給付 4:46~
高年齢求職者給付金 6:47~
高年齢雇用継続給付 7:55~
一般教育訓練給付 9:23~
その他の給付 10:35~

確認問題

【問1】
雇用保険の基本手当の受給要件は、自己都合退職の場合、離職の日以前2年間に6ヵ月以上の被保険者期間がある事等である。
【答1】
×:雇用保険の基本手当の受給要件は、自己都合退職の場合、離職の日以前2年間に12ヵ月以上の被保険者期間がある事等とされています。
【問2】
雇用保険の基本手当を受給しようとする場合、正当な理由のない自己都合退職者は、最長3ヵ月間の給付制限期間がある。
【答2】
○:雇用保険の基本手当の支給開始までには、求職の申込から7日間の待機期間があり、さらに正当な理由のない自己都合退職者は、最長3ヵ月間(基本的には2ヵ月間)の給付制限期間があります。
【問3】
雇用保険の基本手当の受給期間は、原則として、離職の日の翌日から起算して1年間である。
【答3】
○:正しい記述です。ちなみに、病気やケガ、妊娠、出産などのやむを得ない事情がある場合、最長3年間延長する(受給期間を最長4年間とする)事も出来ます。
【問4】
高年齢雇用継続基本給付金は、原則として、60歳以上65歳未満の雇用保険の一般被保険者に対して支給対象月に支払われた賃金の額が、当該被保険者の60歳到達時の賃金月額の75%未満であるときに支給される。
【答4】
○:正しい記述です。ちなみに、支給額は賃金の低下率によって異なり、最高で15%です。
【問5】
一般教育訓練給付金を受け取るための雇用保険の被保険者期間の要件は、原則として3年以上とされている。
【答5】
○:正しい記述です。ちなみに、初めて支給を受ける人は1年以上です。
【問6】
一般教育訓練給付金は、教育訓練施設に支払った教育訓練費の10%(最高10万円)が支給されるものである。
【答6】
×:一般教育訓練給付金は、教育訓練施設に支払った教育訓練費の20%(最高10万円)が支給されるものです。なお、最低額は4,000円です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る ホーム 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。