お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

【FP2級無料講座】金融政策と財政政策

論点解説
【重要度】★★★☆☆
無担保コール翌日物金利と新発10年国債利回りの違いと、公開市場操作の理屈が重要なポイントです。
海外の金融政策についても押さえる事ができれば、理想的です。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
金融市場 0:00~
日本の金融政策 2:46~
公開市場操作 4:30~
財政政策 9:37~
海外の金融政策 10:45~

確認問題(正誤問題)

【問1】
日本の長期金利の代表的な指標は、無担保コール翌日物金利である。
【答1】
×:日本の長期金利の代表的な指標は、新発10年物国債利回りです。無担保コール翌日物金利は、日本の短期金利の代表的な指標です。
【問2】
日本銀行が行う売りオペレーション(売りオペ)は、国内金利の下落要因である。
【答2】
×:売りオペを行うと、市中銀行の手元資金が減少しますので、金利の上昇につながります。
【問3】
アメリカの政策金利は、FF金利(フェデラルファンドレート)である。
【答3】
○:アメリカの政策金利は、FF金利(フェデラルファンドレート)です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



ホーム
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。