お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

【FP2級無料講座】マーケットの変動要因

論点解説
【重要度】★★★★☆
マーケットの変動要因の正誤4択問題は、しばしば出題される論点の一つで、慣れると連想ゲームのようなものです。
ちなみに、円高というのは”円の価値”が高い事を言い、円安というのは”円の価値”が安い事を言います。1ドル=100円が1ドル=110円になるのが円安ですので、勘違いの無いようにしてください。
3級の学習経験が無い方は、7分24秒以降の債券価格の変動要因については飛ばして結構です。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
金利の変動条件 0:38~
為替の変動条件 3:21~
株価の変動条件 6:02~
債券価格の変動条件 7:24~

確認問題(正誤問題)

【問1】
一般的に、景気が良くなると、金利や物価が上昇する。
【答1】
○:景気の拡大は、資金需要と物の需要の高まりにつながりますので、金利と物価の上昇要因です。
【問2】
一般的に、金融緩和政策を行うと、金利は低下する。
【答2】
○:金融緩和政策は、資金供給を増やしますので、金利の低下要因です。
【問3】
一般的に、国内金利の上昇は、円高要因である。
【答3】
○:国内金利の上昇は、円買いにつながりますので、円高要因です。
【問4】
一般的に、外国の金利の上昇は、その国の通貨に対して円安要因となる。
【答4】
○:外国の金利が上昇すると、外国の通貨が買われるので、相対的に円安になる要因と言えます。
【問5】
一般的に、輸入の増加は、為替相場の円高要因となる。
【答5】
×:輸入の増加は、外貨買い・円売りにつながりますので、円安要因です。
【問6】
一般的に、景気が良くなると、株価が上昇する。
【答6】
○:景気の拡大は、企業業績の良化につながりますので、株価の上昇要因です。

<もうひと頑張り>
マーケットの変動要因の問題をもっと解く

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る ホーム 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。