お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

穴埋め問題(FP3) 生命保険【重要度低】

【重要度☆☆】

保険会社と契約を締結する人を契約者という

生命保険の保険事故の対象者を被保険者という

生命保険会社に支払うお金を保険料という

保険事故が起こった時に支払われるお金を保険金という

契約を解約した時に契約者に支払われる一時金を解約返戻金という

保険事故とは保険金の支払事由となる出来事(満期を含む)

保険期間とは契約の有効期間

生命保険の基礎となる契約を主契約と言い、単体での加入ができ る

主契約に付随する契約を特約と言い、単体での加入ができない

有配当保険は無配当保険よりも保険料が

変額保険と他の保険(定額保険)を運用する勘定は異なる

保険契約が有効になる日を責任開始日という

保険料を一括で払う方法を一時払いと言い、保険料の支払日よりも前に払う方法を前納と言う

払込期日が過ぎても保険料が支払われない場合、保険会社は一定期間猶予する

猶予期間を過ぎても保険料を支払わなかった場合は、基本的に契約は失効する

契約が失効した場合、一定期間内に告知または医師の診査を行い、未払いの保険料と利息および手数料を払い込む事により、元の保険と同じ条件で保険契約を再開する事を復活と言う

保険会社に復活の申込みを行った時、復活する事ができない可能性はある

猶予期間は、月払いの場合払込期月の翌月末まで

猶予期間は、半年払い・年払いの場合払込期月の翌々月の月単位の契約応当日まで

変額個人年金保険の保険料は、3つの控除のうち一般の生命保険料控除の対象となる

【重要度☆】

災害割増特約とは、災害等により180日以内に、死亡または所定の高度障害状態になった時、主契約の死亡保険金に加えて割増保険金が支払われる特約

傷害特約とは、災害等により180日以内に死亡または所定の高度障害状態になった場合に、主契約の死亡保険金に加えて割増保険金(災害死亡保険金)が支払われる特約で、身体障害になった場合にはその程度に応じて、障害給付金が支払われる

子ども保険(学資保険)は、支払保険料総額が受取金額総額を下回るリスクがある

告知義務違反があった場合、保険会社は一定の場合を除き契約を解除したり保険金を支払わない事ができ、解除した場合、解約返戻金がある場合には契約者に払い戻される

<戻る ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。