お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

穴埋め問題(FP3) 不動産と税金・不動産投資【重要度高】

【重要度☆☆☆】

相続で不動産を取得した場合、不動産取得税がかからない

贈与で不動産を取得した場合、不動産取得税がかか  る

売買で不動産を取得した場合、不動産取得税がかか  る

住宅用地の固定資産税は、200㎡以下の部分は課税標準が6分の1になる

土地や建物を売却して得られた所得は、譲渡所得として分離課税される

不動産を売却した場合の譲渡所得を計算する時、不動産を譲渡した年の1月1日における不動産の所有期間年以下なら分離短期譲渡所得となり、同年超なら分離長期譲渡所得となる

相続により取得した不動産は、被相続人の取得費および取得日を引き継ぐ

不動産に係る譲渡所得の計算式は、短期・長期共通で、収入金額-(取得費+譲渡費用)

譲渡所得の計算上、取得費が不明な場合は、収入金額の%とする事が出来る

分離短期譲渡所得の税率は、39%(所得税30%、住民税%)

分離長期譲渡所得の税率は、20%(所得税15%、住民税%)

居住用不動産を売却した場合、確定申告をすれば譲渡益が最大3,000万円控除される

居住用財産を売った時、その年の1月1日において、売った家屋や敷地の所有期間がともに10年を超えている場合には、確定申告等の一定要件を満たすと、長期譲渡所得の税率が6,000万円までの譲渡所得について、14%(所得税10%、住民税%)となる

居住用財産の軽減税率の特例は、3,000万円特別控除と併用する事ができ る

不動産所得とは、土地や不動産等の貸し付けに係る所得を言う

不動産所得の計算方法は、総収入金額-必要経費-青色申告特別控除額

住宅ローン控除を受けるための要件は、ローンの返済期間が10年以上である事、取得等の日から6ヵ月以内に居住の用に供す事、合計所得金額が3,000万円以下である事、床面積が50㎡以上で分の以上を居住の用に供している事など

住宅ローン控除額は、年末の残債%、上限は一般住宅の場合40万円(消費税率10%で住宅を取得し、2019年10月1日から2020年12月31日までに入居した場合を除く)

住宅ローン控除の控除期間は、最長10年(消費税率10%で住宅を取得し、2019年10月1日から2020年12月31日までに入居した人を除く)

賃貸用不動産のNOI利回りを求める計算式は、 (年間収入-年間費用)÷投資総額

ホーム 進む>

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。