お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

計算問題(FP3) 保険証券の読み取り(第三分野保険)

【問1】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
大下隆弘さんが加入しているガン保険(下記<資料>参照)を読み取り、以下(ア)・(イ)の問いに答えてください。
なお、保険契約は有効に継続しているものとし、大下さんはこれまでに<資料>の保険から保険金および給付金を一度も受け取っていないものとします。(2015年9月試験:改題)

<資料>
(ア) 大下隆弘さんが、初めてガン(悪性新生物)と診断され、30日入院したが、ガンの症状が悪化したため死亡した場合、支払われる給付金の合計金額を計算してください。
(イ) 大下隆弘さんが、初めてガン(悪性新生物)と診断され、治療のため20日間入院し、その間に約款所定の手術(給付倍率40倍)を1回受けた場合、支払われる給付金の合計金額を計算してください。
【答1】
230万円、160万円

(ア) ガン診断給付金100万円+ガン入院給付金1万円×30+死亡給付金1万円×100=230万円です。
(イ) ガン診断給付金100万円+ガン入院給付金1万円×20+手術給付金1万円×40=160万円です。
【問2】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
北村敬さんが加入している医療保険(下記<資料>参照)を読み取り、以下(ア)・(イ)の問いに答えてください。
なお、保険契約は有効に継続しているものとし、北村さんはこれまでに<資料>の保険から保険金および給付金を一度も受け取っていないものとします。(2016年1月試験:改題)

<資料>
(ア) 北村敬さんが、初めてガン(悪性新生物)と診断され、40日入院したが、ガンの症状が悪化したため死亡した場合、支払われる給付金の合計金額を計算してください。
(イ) 北村敬さんが、初めてガン(悪性新生物)と診断され、治療のため10日間入院し、その間に約款所定の手術(給付倍率20倍)を1回受けた場合、支払われる給付金の合計金額を計算してください。
【答2】
240万円、130万円

(ア) ガン診断給付金100万円+入院給付金1万円×40+死亡・高度障害保険金100万円=240万円です。
(イ) ガン診断給付金100万円+入院給付金1万円×10+手術給付金1万円×20=130万円です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




【問3】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
東雅治さんが加入している医療保険(下記<資料>参照)を読み取り、以下(ア)・(イ)の問いに答えてください。
なお、保険契約は有効に継続しているものとし、東さんはこれまでに<資料>の保険から保険金および給付金を一度も受け取っていないものとします。(2016年5月試験:改題)

<資料>
(ア) 東雅治さんが、交通事故で大ケガを負い、給付倍率20倍の手術(1回)を受け連続して10日間入院した場合、支払われる給付金の合計金額を計算してください。
(イ) 東雅治さんが、交通事故で大ケガを負い、給付倍率40倍の手術(1回)を受け連続して70日間入院した場合、支払われる給付金の合計金額を計算してください。
【答3】
30万円、100万円

(ア) 入院給付金1万円×10+手術給付金1万円×20=30万円です。
(イ) 入院給付金の支払日数の上限は、1入院当たり60日ですから、入院給付金1万円×60+手術給付金1万円×40=100万円です。
【問4】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
加瀬利雄さんが加入している医療保険(下記<資料>参照)を読み取り、以下(ア)・(イ)の問いに答えてください。
なお、保険契約は有効に継続しているものとし、加瀬さんはこれまでに<資料>の保険から保険金および給付金を一度も受け取っていないものとします。(2017年1月試験:改題)

<資料>
(ア) 加瀬利雄さんが、交通事故で大ケガを負い、給付倍率20倍の手術(1回)を受け連続して25日間入院した場合、支払われる給付金の合計金額を計算してください。
(イ) 加瀬利雄さんが、交通事故で大ケガを負い、給付倍率40倍の手術(1回)を受け連続して65日間入院した場合、支払われる給付金の合計金額を計算してください。
【答4】
45万円、100万円

(ア) 入院給付金1万円×25+手術給付金1万円×20=45万円です。
(イ) 入院給付金の支払日数の上限は、1入院当たり60日ですから、入院給付金1万円×60+手術給付金1万円×40=100万円です。
【問5】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
小山美穂子さんが加入している医療保険(下記<資料>参照)を読み取り、以下(ア)~(ウ)の問いに答えてください。
なお、保険契約は有効に継続しているものとし、小山さんはこれまでに<資料>の保険から保険金および給付金を一度も受け取っていないものとします。(2017年5月試験:改題)

<資料>
(ア) 小山美穂子さんが、腸炎にかかり6日間入院した場合、支払われる給付金の合計金額を計算してください。
(イ) 小山美穂子さんが、ガン(悪性新生物)と診断され、給付倍率40倍の手術(1回)を受け連続して75日間入院した場合、支払われる給付金の合計金額を計算してください。
(ウ) 小山美穂子さんが、ケガで継続して40日間入院し、その後「要介護2」の状態に認定された場合、給付初年度に支払われる給付金の合計金額を計算してください。
【答5】
3万円、50万円、200万円

(ア) 入院給付金5,000円×6=3万円です。
(イ) 入院給付金の支払日数の上限は、1入院当たり60日ですから、入院給付金5,000円×60+手術給付金5,000円×40=50万円です。
(ウ) 入院給付金5,000円×40+介護給付金(一時金)120万円+介護給付金(終身介護年金)60万円=200万円です。
ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。