お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

計算問題(FP3) 個人バランスシート

【問1】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
下記は、あるの家庭の貸借対照表です。この貸借対照表の空欄(?)に入る数値を計算してください。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「×××」で示してあります。

<貸借対照表>(単位:万円)
普通預金 500 住宅ローン 2,200
定期預金 300 負債合計 2,200
株式など 300
生命保険 200 純資産 (?)
不動産 2,000
資産合計 ××× 負債・純資産合計 ×××
【答1】
1,100
資産合計は、500万円+300万円+300万円+200万円+2,000万円=3,300万円です。
純資産=資産合計-負債・純資産合計より、純資産=3,300万円-2,200万円=1,100万円となります。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




【問2】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
Aさんの資産は下記の通りです。Aさんは現在、3,000万円のマンションの購入を検討しており、民間金融機関で2,500万円の住宅ローンを組む予定です。また、マンション購入の頭金は500万円とし、定期預金500万円のうち400万円と、親から受ける贈与100万円を充てる予定です。
資金計画通りマンションを購入した場合の、Aさんの個人バランスシートを作成し、空欄(?)に入る数値を計算してください。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「×××」で示してあります。

<Aさんの保有資産等>
普通預金:700万円
定期預金:500万円
外貨預金:200万円
生命保険(解約返戻金相当額):100万円
負債:なし
<貸借対照表>
普通預金 ××× 住宅ローン ×××
定期預金 ××× 負債合計 ×××
外貨預金 ×××
生命保険 ××× 純資産 (?)
不動産 ×××
資産合計 ××× 負債・純資産合計 ×××
【答2】
1,600
マンション購入後の貸借対照表は以下の通りになります。

<貸借対照表>(単位:万円)
普通預金 700 住宅ローン 2,500
定期預金 100 負債合計 2,500
外貨預金 200
生命保険 100 純資産 (?)
不動産 3,000
資産合計 4,100 負債・純資産合計 2,500

よって、純資産=4,100万円-2,500万円=1,600万円となります。

【問3】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
Aさんの資産は下記の通りです。Aさんは現在、投資用の2,000万円の賃貸マンションの購入を検討しており、民間金融機関で1,500万円の住宅ローンを組む予定です。また、マンション購入の頭金は、全て定期預金500万円を解約して用意する予定です。
Aさんの現在の個人バランスシートを作成し、空欄(?)に入る数値を計算してください。なお、問題の性質上、明らかにできない部分は「×××」で示してあります。

<Aさんの保有資産等>
普通預金:1,400万円
定期預金:800万円
株式・投資信託:300万円
生命保険(解約返戻金相当額):100万円
不動産(土地・建物):2,000万円
負債:なし
<貸借対照表>
普通預金 ××× 住宅ローン ×××
定期預金 ××× 負債合計 ×××
株式・投資信託 ×××
生命保険 ××× 純資産 (?)
不動産 ×××
資産合計 ××× 負債・純資産合計 ×××
【答3】
4,600
貸借対照表は以下の通りになります。

<貸借対照表>(単位:万円)
普通預金 1,400 住宅ローン 0
定期預金 800 負債合計 0
株式・投資信託 300
生命保険 100 純資産 (?)
不動産 2,000
資産合計 4,600 負債・純資産合計 4,600

よって、純資産=4,600万円-0円=4,600万円となります。
投資用物件購入後ではなく、現在のA個人バランスシートを作成する点に注意してください。

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。