お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

計算問題(FP3) 贈与税

【問1】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
Aさん(33歳)が平成30年中に贈与を受けた財産の価額と贈与者は以下のとおりである時、Aさんの平成30年分の贈与税額を計算して下さい。なお、平成30年中において、Aさんはこれ以外の財産の贈与を受けておらず、相続時精算課税制度は選択していないものとします。

Aさんの父からの贈与 現金260万円
Aさんの母からの贈与 現金110万円
上記の贈与は、住宅取得等資金や教育資金、結婚・子育てに係る資金の贈与ではない。
<贈与税の速算表(抜粋)>
[20歳以上の者が直系尊属から贈与を受けた財産の場合]
基礎控除後の
課税価格
税率 控除額
200万円以下 10%
200万円超
400万円以下
15% 10万円
400万円超
600万円以下
20% 30万円
[上記以外の場合]
基礎控除後の
課税価格
税率 控除額
200万円以下 10%
200万円超
300万円以下
15% 10万円
300万円超
400万円以下
20% 25万円
400万円超
600万円以下
30% 65万円
【答1】
29万円
贈与税額={(260万円+110万円)-110万円}×15%-10万円=29万円です。
【問2】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
Aさん(35歳)が平成30年中に贈与を受けた財産の価額と贈与者は以下のとおりである時、Aさんの平成30年分の贈与税額を計算して下さい。なお、平成30年中において、Aさんはこれ以外の財産の贈与を受けておらず、相続時精算課税制度は選択していないものとします。

Aさんの父からの贈与 現金400万円
Aさんの母からの贈与 現金150万円
上記の贈与は、住宅取得等資金や教育資金、結婚・子育てに係る資金の贈与ではない。
<贈与税の速算表(抜粋)>
[20歳以上の者が直系尊属から贈与を受けた財産の場合]
基礎控除後の
課税価格
税率 控除額
200万円以下 10%
200万円超
400万円以下
15% 10万円
400万円超
600万円以下
20% 30万円
[上記以外の場合]
基礎控除後の
課税価格
税率 控除額
200万円以下 10%
200万円超
300万円以下
15% 10万円
300万円超
400万円以下
20% 25万円
400万円超
600万円以下
30% 65万円
【答2】
58万円
贈与税額={(400万円+150万円)-110万円}×20%-30万円=58万円です。
【問3】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
Aさんが父からの贈与について相続時精算課税制度を選択し、3,000万円の贈与を受けた場合、Aさんが納付すべき贈与税額を計算してください。なお、この年中において、Aさんはこれ以外の財産の贈与を受けておらず、前年までに父から贈与を受けたことは無いものとします。
【答3】
100万円
贈与税額=(3,000万円+2,500万円)×20%=100万円です。
【問4】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
Aさんが父からの贈与について相続時精算課税制度を選択し、4,000万円の贈与を受けた場合、Aさんが納付すべき贈与税額を計算してください。なお、この年中において、Aさんはこれ以外の財産の贈与を受けておらず、前年までに父から贈与を受けたことは無いものとします。
【答4】
300万円
贈与税額=(4,000万円+2,500万円)×20%=300万円です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




【問5】(難) 学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
Aさんは、祖父から下記<資料>の贈与を受けた時、Aさんの2018年分の贈与税額を計算してください。なお、Aさんはこれ以外の財産の贈与を受けておらず、祖父からの贈与については、2017年から相続時精算課税制度の適用を受けているものとします。

<資料>
[2018年中の贈与]
現金:2,000万円

[2017年中の贈与]
現金:1,500万円

【答5】
200万円
相続時精算課税制度の特別控除額は、複数年にわたって2,500万円までですから、2018年に控除できる金額は、2,500万円-1,500万円=1,000万円です。
よって、贈与税額は、(2,000万円-1,000万円)×20%=200万円です。
【問6】(難) 学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
Aさんは、祖父から下記<資料>の贈与を受けた時、Aさんの2018年分の贈与税額を計算してください。なお、Aさんはこれ以外の財産の贈与を受けておらず、祖父からの贈与については、2017年から相続時精算課税制度の適用を受けているものとします。

<資料>
[2018年中の贈与]
現金:2,200万円

[2017年中の贈与]
現金:700万円

【答6】
80万円
贈与税額={2,200万円-(2,500万円-700万円)}×20%=80万円です。
【問7】(難) 学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
2018年10月に配偶者から居住用不動産(財産評価額3,000万円)の贈与を受けたAさんが、贈与税の配偶者控除の適用を受けた場合の2018年分の贈与税額を計算してください。
なお、Aさんは、2018年においてこの他に贈与を受けておらず、納付すべき贈与税額が最も少なくなるように計算するものとします。

<贈与税の速算表(抜粋)>
[20歳以上の者が直系尊属から贈与を受けた財産の場合]
基礎控除後の
課税価格
税率 控除額
200万円以下 10%
200万円超
400万円以下
15% 10万円
400万円超
600万円以下
20% 30万円
600万円超
1,000万円以下
30% 900万円
1,000万円超
1,500万円以下
40% 190万円
1,500万円超
3,000万円以下
45% 265万円
[上記以外の場合]
基礎控除後の
課税価格
税率 控除額
200万円以下 10%
200万円超
300万円以下
15% 10万円
300万円超
400万円以下
20% 25万円
400万円超
600万円以下
30% 65万円
600万円超
1,000万円以下
40% 125万円
1,000万円超
1,500万円以下
45% 175万円
1,500万円超
3,000万円以下
50% 250万円
【答7】
231万円
贈与税の配偶者控除額は2,000万円で、基礎控除額と併せて控除する事ができますから、Aさんの贈与税額の計算上控除する事ができる金額は、2,000万円+110万円=2,110万円です。
よって、贈与税額=(3,000万円-2,110万円)×40%-125万円=231万円です。
【問8】(難) 学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
2018年10月に配偶者から居住用不動産(財産評価額2,500万円)の贈与を受けたAさんが、贈与税の配偶者控除の適用を受けた場合の2018年分の贈与税額を計算してください。
なお、Aさんは、2018年においてこの他に贈与を受けておらず、納付すべき贈与税額が最も少なくなるように計算するものとします。

<贈与税の速算表(抜粋)>
[20歳以上の者が直系尊属から贈与を受けた財産の場合]
基礎控除後の
課税価格
税率 控除額
200万円以下 10%
200万円超
400万円以下
15% 10万円
400万円超
600万円以下
20% 30万円
600万円超
1,000万円以下
30% 900万円
1,000万円超
1,500万円以下
40% 190万円
1,500万円超
3,000万円以下
45% 265万円
[上記以外の場合]
基礎控除後の
課税価格
税率 控除額
200万円以下 10%
200万円超
300万円以下
15% 10万円
300万円超
400万円以下
20% 25万円
400万円超
600万円以下
30% 65万円
600万円超
1,000万円以下
40% 125万円
1,000万円超
1,500万円以下
45% 175万円
1,500万円超
3,000万円以下
50% 250万円
【答8】
53万円
贈与税額=(2,500万円-2,000万円-110万円)×20%-25万円=53万円です。
ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。