お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

計算問題(FP3) 預金保険制度

【問1】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
Aさんは、XY銀行(日本国内に本店のある普通銀行)に下記<資料>の預金を預け入れています。仮に、XY銀行が経営破綻した場合、預金保険制度により保護される金額を計算してください。
なお、Aさんは、XY銀行からの借入れは無く、預金の利息については考慮しないこ事とします。

<資料>
決済用預金:1,400万円
円定期預金:500万円
円普通預金(利息付き):300万円
譲渡性預金:200万円
【答1】
2,200万円
決済用預金は、普通預金等とは別枠で、全額保護されます。
また、円定期預金と円普通預金(利息付き)は、1,000万円まで保護の対象となり、譲渡性預金は、保護の対象外です。
よって、保護される金額は、1,400万円+500万円+300万円=2,200万円です。
【問2】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
Aさんは、XY銀行(日本国内に本店のある普通銀行)に下記<資料>の通りの金融商品を保有しています。仮に、XY銀行が経営破綻した場合、預金保険制度により保護される金額を計算してください。
なお、Aさんは、XY銀行からの借入れは無く、預金の利息については考慮しないこ事とします。

<資料>
普通預金:100万円
定期預金:200万円
外貨預金:350万円
株式投資信託:180万円
*普通預金は決済用預金ではありません。
【答2】
300万円
普通預金と定期預金は、1,000万円まで保護の対象となり、外貨預金と株式投資信託は、保護の対象外です。
よって、保護される金額は、100万円+200万円=300万円です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




【問3】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
Aさんは、XY銀行(日本国内に本店のある普通銀行)に下記<資料>の通りの金融商品を保有しています。仮に、XY銀行が経営破綻した場合、預金保険制度により保護される金額を計算してください。
なお、Aさんは、XY銀行からの借入れは無く、預金の利息については考慮しないこ事とします。

<資料>
決済用預金:500万円
普通預金:800万円
定期預金:400万円
外貨預金:150万円
個人向け国債:270万円
*普通預金は決済用預金ではありません。
【答3】
1,500万円
決済用預金は、普通預金等とは別枠で、全額保護されます。
また、普通預金と定期預金は、1,000万円まで保護の対象となり、外貨預金と個人向け国債は、保護の対象外です。
よって、普通預金800万円+定期預金400万円=1,200万円>1,000万円より、保護される金額は、500万円+1,000万円=1,500万円です。
【問4】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
Aさんは、XY銀行(日本国内に本店のある普通銀行)に下記<資料>の通りの金融商品を保有しています。仮に、XY銀行が経営破綻した場合、預金保険制度により保護される金額を計算してください。
なお、Aさんは、XY銀行からの借入れは無く、預金の利息については考慮しないこ事とします。

<資料>
普通預金:100万円
定期預金:250万円
外貨預金:200万円
終身保険(解約返戻金):300万円
*普通預金は決済用預金ではありません。
【答4】
350万円
また、普通預金と定期預金は、1,000万円まで保護の対象となり、外貨預金と生命保険は、保護の対象外です。
よって、保護される金額は、100万円+250万円=350万円です。
ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。