お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

計算問題(FP3) 外貨建て商品

【問1】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
為替レートが下記<資料>である場合、米ドル建て外貨預金10,000ドルを円貨に交換(円転)した際の円貨の額を計算してください。

<資料>円転時の為替レート
TTS:118円
TTM:117円
TTB:116円
【答1】
1,160,000円
円転額=外貨建ての金額×TTB=10,000ドル×116円/ドル=1,160,000円となります。
【問2】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
為替レートが下記<資料>である場合、ユーロ建て外貨預金10,000ユーロを円貨に交換(円転)した際の円貨の額を計算してください。

<資料>円転時の為替レート
TTS:123.5円
TTM:122.0円
TTB:124.5円
【答2】
1,245,000円
円転額=外貨建ての金額×TTB=10,000ユーロ×124.5円/ユーロ=1,245,000円となります。
【問3】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
為替レートが下記<資料>である場合、円をユーロに換えて、ユーロ建て外貨預金に1万ユーロ預け入れる場合、預入時に必要な円貨の額を計算してください。

<資料>預入時の為替レート
TTS:128.3円
TTM:126.8円
TTB:125.3円
【答3】
1,283,000円
預入時に必要な円貨の額=外貨建ての金額×TTS=10,000ユーロ×128.3円/ユーロ=1,283,000円となります。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




【問4】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
為替レートが下記<資料>である場合、円を米ドルに換えて、米ドル建て外貨預金に1万米ドル預け入れる場合、預入時に必要な円貨の額を計算してください。

<資料>預入時の為替レート
TTS:114円
TTM:113円
TTB:112円
【答4】
1,140,000円
預入時に必要な円貨の額=外貨建ての金額×TTS=10,000米ドル×114円/米ドル=1,140,000円となります。
【問5】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
下記の条件で、10,000米ドルを外貨預金に預け入れ、満期時に円貨で受け取った場合における元利金の合計額を計算してください。
なお、手数料や税金は考慮しないものとします。

<米ドル建て定期預金に関する資料>
預入金額:10,000米ドル
預入期間:1年
利率(年率):1.2%(満期時一括支払)
為替予約なし
<満期時における適用為替レート(円/米ドル)>
TTS:115円
TTM:114円
TTB:113円
【答5】
1,143,560円
手数料や税金は考慮しないため、満期時の米ドルベースの金額は、10,000米ドル×(1+0.012)=10,120米ドルです。
よって、これを円転すると、10,120米ドル×113円/米ドル=1,143,560円となります。
【問6】学科/FP協会/金財(個人)/金財(保険)
下記の条件で、10,000米ドルを外貨預金に預け入れ、満期時に円貨で受け取った場合における元利金の合計額を計算してください。
なお、手数料や税金は考慮しないものとします。

<米ドル建て定期預金に関する資料>
預入金額:10,000米ドル
預入期間:1年
利率(年率):0.6%(満期時一括支払)
為替予約なし
<満期時における適用為替レート(円/米ドル)>
TTS:113円
TTM:112円
TTB:111円
【答6】
1,116,660円
手数料や税金は考慮しないため、満期時の米ドルベースの金額は、10,000米ドル×(1+0.006)=10,060米ドルです。
よって、これを円転すると、10,060米ドル×111円/米ドル=1,116,660円となります。
ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。