お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

正誤問題(FP2) 決算書(2/2)

【問13】
自己資本比率は、「総資産÷自己資本」という計算式で求める事が出来る。
【答13】
×:「自己資本比率=自己資本÷総資産」です。
保有している資産のうち返さなくてよいお金の割合はどの程度かを求めて、財務の健全性を測るものだと思ってください。
【問14】
流動比率は、「流動負債÷流動資産」という計算式で求める事が出来る。
【答14】
×:「流動比率=流動資産÷流動負債」です。
1年以内に返さなければいけないお金に対して、1年以内に現金化できると考えられるお金がどの程度あるかを求める指標です。
【問15】
当座比率は、「当座資産÷流動資産」という計算式で求める事が出来る。
【答15】
×:「当座比率=当座資産÷流動負債」です。
当座比率も流動比率と同じ様に資金繰りの健全性を測る指標で、流動比率よりもより基準が厳しい指標です。
【問16】
当座比率や流動比率は、高いほど望ましいと言える。
【答16】
○:当座比率や流動比率は、高いほど流動負債を返済できる力があるという事を意味します。
【問17】
自己資本比率は、低いほど望ましいと言える。
【答17】
×:自己資本比率は、会社の資産をどれだけ自己資金(借金以外)で賄っているかという指標ですから、高いほど望ましいと言えます。

【問18】
売上高経常利益率は、「売上高÷経常利益」という計算式で求める事が出来る。
【答18】
×:「売上高経常利益率=経常利益÷売上高」です。
「○○△△利益率」と言えば、「△△利益÷○○」と思ってください。
【問19】
総資産当期純利益率は、「当期純利益÷総資産」という計算式で求める事が出来る。
【答19】
○:「総資産当期純利益率=当期純利益÷総資産」です。
「○○△△利益率」と言えば、「△△利益÷○○」と思ってください。
【問20】
総資本回転率は、「売上高÷総資本」という計算式で求める事が出来る。
【答20】
○:「総資本回転率=売上高÷総資本」です。資産回転率は、資産と同額の売上を上げると、資産が1回転したと考える会計上の概念です。
【問21】
総資本経常利益率は、「売上高経常利益率×総資本回転率」という計算式で求める事が出来る。
【答21】
○:「経常利益/総資本=(経常利益/売上高)×(売上高/総資本)」という事です。
例えば、総資本経常利益率(ROA)が低く、資産を上手く活用できていないと分かった時、売上高経常利益率(利益率)に問題があるのか、それとも、総資本回転率(販売量、営業力)に問題があるのかを分析するために、分解する事があります。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る ホーム
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。