お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

正誤問題(FP2) 投資信託(3/3)

【問30】
株式投資信託の普通分配金は、配当所得となる。
【答30】
○:株式投資信託と株式は、インカムゲイン・キャピタルゲインともに同じように課税されます。
【問31】
ETFやJ-REIT分配金は、配当所得となり、総合課税した場合、配当控除を受ける事が出来る。
【答31】
×:J-REITの分配金は、配当控除の対象外です。
【問32】
公社債投資信託の普通分配金は、配当所得となる。
【答32】
×:公社債投資信託の普通分配金は、利子所得となります。

【問33】
分配落ち前の個別元本を下回る部分から支払われた分配金は、特別分配金(元本払戻金)として非課税となる。
【答33】
○:分配落ち前の個別元本を下回る部分から支払われた分配金は、投資金額の差し戻しであり、利益ではありませんから非課税です。
【問34】
特別分配金(元本払戻金)が支払われた場合、その金額分、個別元本の金額は下落する。
【答34】
○:個別元本=当初の投資額-特別分配金の累計額=分配落ち前の個別元本-特別分配金です。
【問35】
投資信託の売却益や償還差益は、株式等に係る譲渡所得となる。
【答35】
○:株式投資信託も公社債投資信託も、売却益や償還差益は、株式等に係る譲渡所得となります。
【問36】
投資信託の売却時、譲渡所得の計算上控除する取得費は、必ず購入時の基準価額または概算取得費を用いる。
【答36】
×:投資信託の売却時、譲渡所得の計算上控除する取得費は、個別元本の金額です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る ホーム
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。