お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP2級頻出問題【最重要-相続・事業承継】

★贈与を成立させるためには、贈与者(遺贈者)と受贈者(受遺者)の合意が必要とされる

胎児は、基本的に、相続人に含まれ る

死亡は代襲原因である、放棄は代襲原因でない、欠格は代襲原因である

★遺産分割協議がまとまらない場合、家庭裁判所に対して調停分割の請求をする

相続税の延納と物納は、任意に選択する事ができない

離婚による財産分与として取得した財産は、原則として、贈与税の課税対象でない

使用貸借契約による経済的利益は、贈与税の課税対象でない

「非上場株式等についての贈与税の納税猶予及び免除の特例」の適用を受ける場合でも、所定の要件を満たしていれば、相続時精算課税の適用を受けることができ る

贈与税の配偶者控除の控除額は2,000万円

★贈与税の配偶者控除と基礎控除を合わせた控除額は2,110万円

★相続時精算課税制度の適用を受けた場合、特別控除額は2,500万円で、適用される贈与税の税率は、一律20%

スポンサーリンク




スポンサーリンク



戻る
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。