お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP2級頻出問題【重要-リスク】

終身保険は、相続税の納税資金の準備に適してい る

★養老保険の死亡保険金の額は、満期保険金の額と比べて 同額

★収入保障保険の死亡保険金の受取方法は、年金形式または一時金

変額保険の死亡保険金には最低保証がある

総合福祉団体定期保険は、加入者の同意が要で、告知が

ハーフタックスプランの要件を満たす養老保険は、死亡保険金受取人が被保険者の遺族で、満期保険金受取人が     法人

死亡保険金受取人が法人である長期平準定期保険においては、前払期間経過後は、資産に計上された累積額をその期間の経過に応じ取り崩して損金の額に算入する

被保険者が役員・従業員全員、死亡給付金受取人が被保険者の遺族、年金受取人が法人である個人年金保険の保険料を法人が支払った場合、その10分の9相当額を資産に計上し、残額を損金の額に算入する

対人賠償保険では、被保険者が被保険自動車の運転中の事故により同居親族にケガをさせた場合は、補償の対象とならない

対物賠償保険では、被保険者が被保険自動車を運転中の事故により同居親族の財物に損害を与えた場合は、補償の対象とならない

★海外での事故によりけがをした場合、普通傷害保険から保険金が支払われ る

★業務中の事故によりけがをした場合、普通傷害保険から保険金が支払われ る

海外旅行の行程中に、国内で、偶然かつ急激な外来の事故によりケガをした場合、海外旅行傷害保険から保険金が支払われ る

★個人が受け取った火災保険の保険金に対する課税関係は、 非課税となる

★契約者が受け取る年金払積立傷害保険の給付金(年金)に対する課税関係は、 雑所得となる

★契約者が受け取る保険期間が5年を超える積立火災保険の満期返戻金に対する課税関係は、一時所得となる

圧縮記帳を行う為には、保険金で滅失した資産と同種の代替資産を購入する事が要件とされている

法人が、損害保険の保険金を受け取った場合の経理処理は、受け取った全額を益金に算入し、それまで資産計上していた積立保険料の累計額があれば、これを損金に算入する

法人が、全ての従業員を対象とする損害保険の保険料を支払った場合の経理処理は、支払った保険料の全額を損金に算入する

特定(三大)疾病保障定期保険のから特定疾病保険金が支払われた場合、保険金契約は消滅する

★がん保険には、一般的に3ヵ月程度の免責期間が設けられている

先進医療特約の保険金が支給されるか否かの判定は、療養を受けた時点において、先進医療に指定されているか否かによる

スポンサーリンク




スポンサーリンク



戻る
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。