お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

穴埋め問題(FP2) 三大資金

フラット35の金利は全期間固定金利である。

フラット35の金利は融資実行時点のものが適用される。

フラット35の金利は取扱金融機関により異なる

フラット35の借入可能額は100万円以上8,000万円以下の範囲で、購入金額100%以内。

フラット35の融資対象となるのは、購入金額が1億円以下の物件

フラット35を借りるための床面積の要件は、戸建て住宅の場合、70㎡以上である事。

フラット35を借りるための床面積の要件は、共同住宅の場合、30㎡以上である事。

フラット35を借りるための申込時の年齢要件は、親子リレー返済の場合を除いて、70歳未満である事。

フラット35の返済期間は、基本的に15年以上35年以下だが、申込時の年齢が60歳以上の場合10年以上35年以下となる。

フラット35では、借入期間が20年以下か21年以上かで、適用される金利が異なる。

フラット35では、借入金額が住宅購入費または建築費の割を超えるとそれ以下の場合より金利が高くなる。

フラット35の年間返済限度額は、年収400万円未満の場合年収の30%以下、400万円以上の場合年収の35%以下となる。

フラット35は、借り換え利用ができ る

フラット35は、中古住宅の購入のために利用する事ができ る

フラット35は、投資用物件の購入のために利用する事ができない

フラット35の繰上返済は、窓口では100万円から可能である。

フラット35の繰上返済は、「住・My note」では10万円から可能である。

ペアローンを組んだ場合、夫婦ともに団体信用生命保険に加入する事ができ る


国の教育ローン(教育一般貸付)は、生徒一人当たり350万円まで、最長15年間の固定金利で借りることが可能である。

国の教育ローン(教育一般貸付)の資金使途は、受験にかかった費用や学校納付金に限られない

国の教育ローン(教育一般貸付)の債務者は、原則として、学生・生徒の親

国の教育ローン(教育一般貸付)の借入にあたっては、親の年収制限がある

日本学生支援機構の奨学金には、貸与型と給付型がある

日本学生支援機構の奨学金のうち、貸与型には、無利息の第一種奨学金と利息付きの第二種奨学金がある。

日本学生支援機構の奨学金を受ける為の要件は、第一種奨学金と第二種奨学金では、第種奨学金の方が基準が厳しい。

日本学生支援機構の奨学金は、第一種・第二種同時に申し込みをすることができ る

日本学生支援機構の奨学金の申込者(契約者)は、学生・生徒本人

日本学生支援機構の奨学金には、高校在学時に申し込む予約採用と、進学後に申し込む在学採用がある。

日本学生支援機構の奨学金では、申込者の保護者の年収制限がある

日本学生支援機構の奨学金は、要件を満たせば海外留学でも申し込みができ る

日本政策金融公庫の「教育一般貸付」と、日本学生支援機構の奨学金は併用することができ る

貸金業者(消費者金融やクレジットカード会社)からお金を借りる場合は、貸金業法の総量規制により、原則として、 その他の無担保借入残高(他社も含む)と合算して、年収の3分の1を超える借入れはできない。

クレジットカードは、クレジットカード会社が所有権を有しており、親族に貸与する事は認められていない

クレジットカードの会員は、信用情報機関に自己の信用情報の開示を請求することができ る

割賦販売法の規定により、クレジットカード会社は、利用者とクレジット契約を行う際、その利用者の年収、生活維持費、クレジット債務などから算定される支払可能見込額を調査することが原則として義務付けられてい る

クレジットカード会員の信用情報は、クレジットカード会社が加盟する指定信用情報機関により管理されており、クレジットカード会社は、指定信用情報機関を通じて、会員の情報(自社以外のクレジットカードの利用状況を含む)を閲覧する事ができ る

リボルビング払いでは、手数料含めて請求されるウィズイン方式と、手数料を上乗せして請求されるウィズアウト方式とがある。

クレジットカードのショッピングの利用可能枠を換金する目的で利用する「ショッピング枠現金化」は認められていない

リボルビング払いとは、毎月一定額を支払う方法で、返済回数は決まっていない

スポンサーリンク




スポンサーリンク



ホーム
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。