お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

穴埋め問題(FP2) FPの基礎

個人情報取扱事業者でないFPに守秘義務はある

税理士でないFPが有償で税務相談をする事はできない

税理士でないFPが無償で税務相談をする事はできない

税理士でないFPが税制改正等の税金の一般的な説明をする事はでき る

保険募集人でないFPが保険の募集・勧誘をする事はできない

保険募集人でないFPが保険の見直しや必要保障額の計算をする事はでき る

金融商品取引業者でないFPが、顧客と投資顧問契約を結ぶ事はできない

金融商品取引業者でないFPが、顧客と投資一任契約を結ぶ事はできない

弁護士でないFPが法律相談を行う事はできない

弁護士でないFPが一般の法律事務を行う事はできない

弁護士でないFPが法律に関する一般的な説明を行う事はでき る

法令・通達・判例は自由に引用する事ができ る


サラリーマンの可処分所得=年収- (所得税+住民税+社会保険料)

n年後の将来価値=現在価値×(1+変動率)^n

キャッシュフロー表の貯蓄残高=前年の貯蓄残高×(1+運用利率)±年間収支

ライフイベント表に書く金額は現在価値である

キャッシュフロー表に書く金額は将来価値である

キャッシュフロー表の収入欄に書く金額は可処分所得(年収ではない)

個人バランスシートに書く金額は時価(取得価格ではない)

現在の金額を複利運用した場合の将来の金額を求める係数は、  終価係数

将来必要な金額を複利運用で用意する場合に、現在必要な金額を求める係数は、  現価係数

複利運用しながら毎年一定額を積み立てた場合の、将来の金額を求める係数は、年金終価係数

将来必要な額を複利運用しながら積み立てで用意する場合に、毎年の積立額を求め係数は、減債基金係数

現在の金額を複利運用しながら一定期間取り崩す場合の、毎年の受取額を求める係数は、資本回収係数

複利運用しながら一定期間希望額を取り崩すために、現在必要な金額を求める係数は、年金現価係数

借入金を一定期間で完済しようとした場合の、年間返済額を求める係数は、資本回収係数

スポンサーリンク




スポンサーリンク



ホーム
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。