お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP3級実技(FP協会)解説-2019年9月・後半

【問11】

正解:
750万円-(750万円×10%+120万円)=555万円です。
【問12】

正解:
人間ドック代は、その結果特に重大な疾病等が発見されなかった場合医療費控除の対象とはなりません。
入院費用は医療費控除の対象となりますが、差額ベッド代は医療費控除の対象とはなりません。
健康増進のためのビタミン剤の購入代は医療費控除の対象となりません。
したがって、医療費控除の金額=(230,000円-60,000円)-10万円=70,000円となります。
【問13】

正解:
放棄をすると、代襲相続は起こりません。
相続人の組み合わせは、配偶者相続人と第一順位の血族相続人ですから、配偶者相続人の法定相続分は1/2となり、血族相続人は残りの1/2を頭数で割ります。
【問14】

正解:
基礎控除額は受贈者1人当たりの110万円で、贈与者はどちらも直系尊属ですから、課税価格=(450万円+100万円)-110万円=440万円となります。
したがって、贈与税額は、440万円×20%-30万円=58万円となります。
【問15】

正解:
婚姻期間が20年以上ある夫婦間で居住用財産や居住用財産を取得するための金銭を贈与した場合、2,000万円まで贈与税が非課税になります。
「おしどり夫婦(22)に贈与の特例がある」と覚えてください。

【問16】

正解:
<資産合計>
普通預金:650万円
定期預金:500万円
財形年金貯蓄:320万円
上場株式:240万円
生命保険:80万円
不動産:2,800万円
の、計4,590万円です。

よって、純資産=資産合計-負債合計より、4,590万円-1,900万円=2,690万円となります。

【問17】

正解:
使用する係数は、資本回収係数です。
よって、700万円×0.21216=1,485,120円となります。
【問18】

正解:
1. 繰り上げ返済は、ローンの元本部分を返済するものです。
2. 正しい記述です。
3. 正しい記述です。
【問19】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 個人が支払ったiDeCoの掛金は、小規模企業共済等掛金控除の対象となります。
3. 正しい記述です。
【問20】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 正しい記述です。
3. 老齢基礎年金と老齢厚生年金は、別々に繰り下げる事はできますが、繰上げる場合には、同時に繰り上げなくてはいけません。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る ホーム
 
 
 
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。