お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP3級実技(FP協会)解説-2019年5月・解説のみ

【問1】
正解:
1. 税理士資格を保有していない人が、個別具体的な税金の計算を行う事は禁止されています。
2. 後見人となるための、特別な資格の要件はありません。
3. 保険商品の一般的な内容を説明する事は、誰でもできます。
【問2】
正解:
(ア) 正しい記述です。
(イ) 正しい記述です。
(ウ) 475×1.01-191=288.75≒289です。
【問3】
正解:
(ア) 正しいです。
(イ) 消費者物価指数の説明です。
(ウ) 正しいです。
【問4】
正解:
(ア) 正しいです。
(イ) 個人向け国債の利払いは半年ごとです。
(ウ) 個人向け国債の中途換金は、原則として、発行から1年経過後です。
【問5】
正解:
(ア) 一般NISAとつみたてNISAは、どちらか一方しか選択できません。
(イ) 一般NISAの非課税投資枠は、年間120万円までです。
(ウ) つみたてNISAの非課税期間は、最長20年間です。
【問6】
正解:
1. RX社のPER=200÷22=9.090…倍です。
日経平均採用銘柄の平均(予想ベース)のPER は13.64倍です。
PERは低いと割安と言えますから、正しい記述です。
2. RX社のPBR=200÷360=0.555…倍です。
東証一部の全銘柄の平均は、1.34倍です。
PBRは低いと割安と言えますから、間違った記述です。
3. RX社の配当利回りは、7.5÷200=3.75%です。
東証一部の全銘柄の単純平均(予想ベース)は、1.68%ですから、正しい記述です。
【問7】
正解:
延べ床面積の最高限度=敷地面積×容積率の上限です。
前面道路の幅員が12m未満ですから、指定容積率400%と、前面道路の幅員×6/10=360%を比較して、低い方、つまり、360%が、適用される容積率の上限です。
【問8】
正解:
(ア) 第一種低層住居専用地域(閑静な住宅というイメージ)には、大学を建てることはできません。
(イ) 工業地域には病院を建てる事はできません。また、診療所はどこにでも建てることができます。
【問9】
正解:
ガン診断給付金50万円+ガン入院給付金1万円×45+手術給付金1万円×20=115万円です。
【問10】
正解:
業務中の事故は、個人賠償責任保険による補償の対象外です。

【問11】
正解:
事業所得と給与所得は総合課税ですから、総所得金額に算入されますが、上場株式等の譲渡による譲渡所得は申告分離課税ですから、総所得金額には含まれません。
よって、総所得金額=350万円+60万円=410万円となります。
【問12】
正解:
譲渡所得=5,000万円-(2,000万円+700万円)=2,300万円です。
取得日から、譲渡日が属する年の1月1日までの期間が5年を超えますから、分離長期譲渡所得に区分されます。
したがって、譲渡所得に係る所得税額=2,300万円×15%=345万円となります。
【問13】
正解:
相続人が、配偶者相続人と第3順位の血族相続人の組み合わせですから、配偶者相続人の法定相続分は3/4になり、2の血族相続人の法定相続分はそれぞれ、1/4×1/2=1/8となります。
【問14】
正解:
贈与税の配偶者控除の、婚姻期間の要件は20年以上で、控除額は2,000万円です。
おしどり夫婦(2・2)の贈与の特例と覚えてください。
【問15】
正解:
<資産合計>
普通預金:500万円
定期預金:1,700万円
財形年金貯蓄:350万円
外貨預金:150万円
上場株式:340万円
生命保険:370万円
不動産:2,800万円
の、計6,210万円です。

よって、純資産=資産合計-負債合計より、6,210万円-280万円=5,930万円となります。

【問16】
正解:
勤続年数が38年である場合、退職所得控除額=800万円+70万円×(38-20)=2,060万円です。
なお、退職所得=(収入金額-退職所得控除)×1/2です。
【問17】
正解:
使用する係数は、資本回収係数です。
よって、1,900万円×0.0612=1,162,800円となります。
【問18】
正解:
1. 一旦繰上げ請求をすると、取りやめることはできません。
2. 繰り上げ受給は、一生涯続きます。
3. 正しい記述です。
【問19】
正解:
(ア) 厚生年金の被保険者に生計を維持されていた妻は、遺族厚生年金を受け取ることができます。
なお、遺族基礎年金は、原則として18歳到達年度末日の子がいる場合に支給されるものですから、支給されません。
(イ) 寡婦年金や死亡一時金は、遺族基礎年金と遺族厚生年金を、両方受給することができない人のための制度です。
(ウ) 中高齢寡婦加算は、遺族基礎年金を受給することができない、40歳以上65歳未満の寡婦に対する、遺族厚生年金の上乗せ給付です。
【問20】
正解:
1. 正しい記述です。
2. 個人が受け取る入院給付金は、非課税です。
3. 正しい記述です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



ホーム
 
 
 
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。