お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP3級実技(保険)解説-2020年1月・前半

【問1】

正解:
厚生年金保険の被保険者期間は、老齢基礎年金の受給額の計算期間に含まれますから、Aさんの受給額の計算期間は445月、妻Bさんの受給額の計算期間は480月です。
【問2】

正解:
1. 男性は、1961年(昭和36年)4月1日以降生まれの場合、特別支給の老齢厚生年金は支給されませんが、女性は5年遅れであるため、1966年(昭和41年)4月1日以前生まれであれば特別支給の老齢厚生年金が支給されます。
2. 加給年金は、年下の配偶者がいる場合に支給されますので、年上の配偶者がいる場合には支給されません。
3. 正しい記述です。
【問3】

正解:
医療費の一部負担金の割合は、原則として3割です。
高額療養費は、一ヵ月単位で計算します。
傷病手当金の支給期間は最長1年6ヵ月です。

【問4】

正解:
1. 入院日数は、短期化の傾向にあります。
2. 正しい記述です。
3. 正しい記述です。
【問5】

正解:
1. 告知受領権は生命保険会社および生命保険会社が指定した医師だけが有しています(募集人には告知受領権はありません)から、告知書面への記入が必要です。
2. 正しい記述です。
3. 契約転換制度を利用する場合、告知や審査が必要です。
【問6】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 生命保険料控除は、年末調整の適用対象です。
3. 就業不能保険の就業不能給付金は、非課税です。

【問7】

正解:
退職所得の金額=(収入金額-退職所得控除額)×1/2です。
勤続期間が20年を超える場合の退職所得控除額は、800万円+70万円×(勤続年数-20)=800万円+70万円×(30-20)=1,500万円ですから、
退職所得=(4,000万円-1,500万円)×1/2=1,250万円となります。
【問8】

正解:
1. 正しい記述です。
2. 正しい記述です。
3. 契約者貸付金を受け取った場合、貸借対照表上、資産(現金)と負債が増えます(益金には計上されません)。
【問9】

正解:
死亡保険金が法人である終身保険の保険料は全額資産計上されますから、資産計上額(保険料積立金)は4,400万円であると推定されます。
よって、受け取った解約返戻金(現金)4,600万円を資産計上して、4,400万円の保険料積立金を資産から取り崩し、差額の200万円を雑収入とします。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



ホーム 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。