お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

FP2級実技(FP協会)解説-2021年1月・問35~40

【問35】
正解:5,440
<資産>
預貯金等:1,860万円
株式・投資信託:770万円
生命保険:580万円
土地:1,540万円
建物:1,430万円
その他:220万円
より、計6,400万円です。

<負債>
住宅ローン:880万円
自動車ローン:80万円
より、計960万円です。

したがって、純資産=6,400万円-960万円=5,440万円となります。

【問36】
正解:985,500
退職所得控除額=70万円×(33-20)=1,710万円です。
よって、退職所得=(3,120万円-1,710万円)×1/2=705万円となり、これが課税退職所得となります。
したがって、退職一時金に係る所得税額は、705万円×23%-636,000円=985,500万円となります。
【問37】
正解:
取得金額の合計額は、10,000円/1万口×200万口+40,000円+11,000円/1万口×100万口+22,000円+13,000円/1万口×100万口+26,000円+=4,488,000円です。
また、取得口数の合計は、200万口+100万口+100万口=400万口ですから、個別元本は、4,488,000円÷400万口=11,220円/1万口です。
したがって、譲渡所得の額は、(12,000円-11,220円)/1万口×100万口=78,000円となります。

【問38】
正解:
法定相続人の数は3人ですから、相続人である郁子さんが受け取る、相続税の課税対象となる死亡保険金及び死亡退職金は、それぞれ、500万円×3=1,500万円まで非課税となります。
よって、死亡保険金1,200万円は全額非課税となり、死亡退職金2,500万円は、2,500万円-1,500万円=1,000万円が課税価格に算入されます。
【問39】
正解:
(ア) 協会健保の任意継続被保険者になるためには、退職日の翌日から20日以内に手続きを行わなくてはいけません。
(イ) 任意継続被保険者は、保険料を全額自己負担します。
(ウ) 国民健康保険の被保険者になるためには、原則として、退職日の翌日から14日以内に手続きを行わなくてはいけません。
(エ) 国民健康保険の保険料(税)の納税義務者は、世帯主です。
【問40】
正解:3、5、8
(ア) 公的介護保険の保険者は、市町村及び特別区です。
(イ) 公的介護保険の第1号被保険者は、65歳以上の人です。
(ウ) 高額療養費は、原則として、1ヵ月間の医療費の自己負担額が一定の上限額を超えると支給されます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る 一覧へ
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。