お金の寺子屋

現役のFP資格講師(CFP6科目同時合格者)が運営する、
FP試験の独学者を応援するサイトです。

【FP3級無料講座】不動産の登記と調査

論点解説
【重要度】★★★★★
登記は重要な論点です。対抗力と公信力について理解した上で、特に、権利部の甲区と乙区の違いを押さえてください。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
登記の基礎 0:00~
登記簿の構成 5:05~
地図 6:42~

スポンサーリンク




スポンサーリンク




確認問題

【問1】
登記の記載を信頼して不動産を取得した者は、記載されていた登記名義人が真実の権利者ではなかった場合でも、原則として、その不動産に対する権利が認められる。
【答1】

×:登記には公信力がありません。

【問2】
土地の登記記録の表題部には,所在や地番など、その土地の表示に関する事項が記録されるが、実態と必ずしも合致しているとは限らない。
【答2】

○:表題部には、目に見える情報が記録されますが、実態と異なるケースがしばしばあります。

【問3】
不動産の登記記録において、所有権に関する登記事項は、権利部の乙区に記録される。
【答3】

×:所有権に関する事項は、権利部の甲区に記録されます。

【問4】
不動産の登記記録において、抵当権に関する事項は、権利部の甲区に記録される。
【答4】

×:所有権以外の権利に関する事項は、権利部の乙区に記録されます。

【問5】
不動産の登記記録は、誰でも閲覧する事ができる。
【答5】

○:登記記録は、所定の手数料を支払えば、誰でも見る事が出来ます。登記記録は、いろんな人に権利を主張する為のものだからです。

ホーム

スポンサーリンク




スポンサーリンク




スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。