お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

【FP2級無料講座】デリバティブ取引の概要

論点解説
【重要度】★☆☆☆☆
試験では殆ど出題されないので、取引の概要と目的を軽く聞き流してください。
動画講義
まずは、動画講義をチェックして、最後に下の確認問題を解いて下さい。
目次
デリバティブの概要 0:00~
取引の目的 2:14~
取引の種類 4:55~
取引の方法 5:13~
課税関係 5:46~

確認問題(正誤問題)

【問1】
先物取引は、取引所取引と店頭取引の両方が行われている。
【答1】
×:先物取引は、取引所取引に限られます。
*先渡し取引は、個別性が高く、相対取引のみ行われています。
【問2】
オプションの取引形態には、金融商品取引所に上場されている上場オプションと、相対で取引される店頭オプションがある。
【答2】
○:オプション取引は、取引所取引と店頭取引の両方が行われています。
【問3】
現物取引と反対のポジションの先物を保有することなどにより、価格変動リスク等を回避または軽減することを狙う取引をヘッジ取引という。
【答3】
○:例えば、現物資産を買い、先物を売り建てる事により、両者の合成損益を一定価格近くに保つことを狙う取引が、ヘッジ取引です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク



<戻る ホーム 進む>
LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。