お金の寺子屋

CFP6科目同時合格者が運営するwebスクール。
FP2級までの全論点の動画解説ほか、充実した練習問題と過去問対策が無料で利用できます。

楽天カード

はじめに

ここでは、楽天カードのサービスについて内容を説明していきます。

楽天カードは、楽天経済圏を使いこなす上で、必須のアイテムです!

楽天経済圏を形成する金融事業の中でも中核的な位置づけになっており、クレジット業界内でも2020年6月にユーザーが2000万人を突破するなど、確固たる地位を築くカードになっています。

[目次]
カードの種類
楽天カードのメリット

年会費が永年無料!
ポイントの還元率/利用しやすさNO.1!
キャンペーンで大量ポイントゲット!
SPUの対象
事務手続きはネットで完結
楽天ゴールドカード
SPUルール
楽天カードのデメリット
注意事項
申し込み手続き

カードの種類

楽天カードはブランドとして「VISA」「JCB」「アメックス」「MasterCard」が選択可能です。

特にこだわりのない場合は、使える店舗数の多いVISAがオススメ。

ただ、JCBやMasterCardの場合は、選べるカード券面の種類が増えるのも楽しいですね。

VISA JCB AMEX Master
通常・PINK
お買い物パンダ
ディズニー × × ×
バルセロナ × ×
イーグルス × ×
ヴィッセル神戸 × × ×
YOSHIKI × × ×

楽天カードのメリット

楽天カードには、様々なメリットがあります。

年会費が永年無料!

楽天カードは現在9種類発行されていますが、そのほとんどが年会費永年無料です!
(楽天ゴールドカードと楽天プレミアムカードは有料)

ポイントをマイレージに交換できる「楽天ANAマイレージクラブカード」も、通常は2年目から550円の年会費がかかりますが、年内に一度でもカードの利用があれば年会費無料となります。

ポイントの還元率/利用しやすさNO.1!

楽天カードは、そのポイントの還元率の良さも折り紙つき。

決済金額100円につき1ポイントの楽天ポイントがもらえるほか、後述するSPUにより、ザクザクポイントが貯まります!

なので、「昨年もっとも貯まったポイント」「ポイント総合満足度」「もらってうれしいポイント」ランキングのすべてにおいてNo.1を獲得しました。(公式サイトより)

楽天経済圏におけるキャンペーンも常時多数展開しているため、ポイントの貯めやすさは定評があります。

また、ポイントの利用シーンとしても楽天カード自体の支払に使える上に、利用可能店舗でポイント精算する際には、期間限定ポイントから消費される親切設計になっています。

キャンペーンで大量ポイントゲット!

楽天カードに入会し、1円以上のお買い物をすると、それだけで、通常5,000ポイントがもらえます。

また、時期によっては、期間限定で、7,000ポイント(ごく稀に8,000ポイント!)にアップしている事もありますので、ポイントアップ時にはすぐに申し込むことをお勧めします。

ポイントアップするのを待つのもアリですが、特に、8,000ポイントになる事は滅多にありませんので、さっさと申し込んで早めに楽天経済圏に浸かった方が得なケースもあると思います。

但し、楽天PointClubのスタートボーナスチャンスにエントリーしていないと受け取ることができませんので、必ずエントリーを忘れないようにしてください

SPUの対象

楽天カードは、楽天市場で楽天カードを使ってお買い物をすると、SPUの対象になります。

また、この他にも、楽天銀行で楽天カードの引き落としを行った場合や、楽天の保険の保険料を楽天カードで支払った場合にもSPUの対象になります。

このように、楽天カードは、楽天経済圏に浸かるためには、持たない理由が無いカードとなっています。

事務手続きはネットで完結

楽天カードは、申込から引落口座の登録まで、全てネット完結できます。

自宅にいて好きな時間に手続きできるのは、助かりますね。

楽天ゴールドカード

これだけ楽天カード薦めていると、その中でも年会費が有料となるゴールドカードはどういう場合にお得なの?という疑問が浮かんできます。

楽天ゴールドカードは、楽天市場でお買い物をする時に大変お得です!

楽天ゴールドカードを楽天カードと比較した場合に、最大のデメリットは「年会費が2,200円(税込)かかること」、そして最大のメリットは「楽天市場でのポイント還元率が+2%となること」です。

つまり、年会費2,200円分がアップしたポイント還元率でカバーできれば、ゴールドカードに切り替えた方がお得になります。

計算すると、2,200円÷2%=110,000円。

よって、楽天市場で年間11万円以上のお買い物をする場合、楽天ゴールドカードにした方が良い計算となります。

なお、年間11万円のお買い物というと、ハードルが高そうに聞こえるかもしれませんが、日用品・家電・本・レジャー用品はもちろん、お中元・お歳暮や、子どもたちへのプレゼント等、楽天市場でお得に購入できるものは多岐にわたります。

普段他で買うものをなるべく楽天市場で購入するようにすれば、年間11万円(月平均9,170円程度)はかなりカバーされますし、ふるさと納税を使った金額も対象になるので、簡単に11万円をクリアする方も少なくありません。

ちなみに、楽天ふるさと納税で6万円寄付をすると、月5,000円楽天市場で買い物をすれば、11万円に達します。

楽天カード 楽天Gカード
年会費 無料 2,200円
楽天市場でのポイント還元率 2% 4%
年間11万円楽天市場でお買い物した場合の獲得ポイント数 2,200p 4,400p
お得になった金額
(1ポイント=1円)
2,200円 2,200円

ただ、そうは言っても、本当に11万円使うかどうかは分かりませんし、ポイントのために不要な買い物をするのは本末転倒ですから、余程自信が無い限り、最初は通常のカードを発行した方が良いと思います

あくまで、実店舗での決済を含めた年間の決済金額ではなく、楽天市場での決済金額が11万円を超える事が条件ですので。

このほか、楽天ゴールドカードを保有すると、国内空港ラウンジが年間2回まで無料で利用できたり、通常年会費が550円(税込)かかるETCを無料で付帯する事もできます。

まぁ、ETCは、楽天PointClubの会員ランクがダイアモンドorプラチナ(両方とも達成ハードルはかなり低いです)になれば、そもそも無料ではありますが…。

SPUルール

楽天市場で楽天カードを使った場合、SPUが+2倍(楽天カード利用通常ポイント+1倍と、楽天カード利用特典ポイント+1倍の合計)になるほか、楽天ゴールドカードを使えば、SPUがさらに+2倍(楽天ゴールドカード利用特典ポイント)になって、計+4倍になります。

<楽天カード利用通常ポイント>
対象者 条件 楽天カードを保有している楽天会員
会員ランク 全会員ランク対象
ポイント特典対象 楽天カードでの楽天市場の購入金額
ポイント 付与率 +1倍
付与予定日 楽天市場でのお買い物月の翌月13日頃(他の楽天カード利用分と合算され、進呈されます)
有効期限 通常ポイントと同じ(詳しくはこちら
獲得上限 なし
<楽天カード利用特典ポイント>
対象者 条件 楽天カードを保有している楽天会員
会員ランク 全会員ランク対象
ポイント特典対象 楽天カードでの楽天市場の購入金額
ポイント 付与率 +1倍
付与予定日 楽天市場でのお買い物情報が到着した月(基本的に、お買い物月と同じ)の翌月15日
有効期限 付与の翌月末日の23:59
獲得上限 5,000ポイント
<楽天ゴールドカード利用特典ポイント>
対象者 条件 楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカードを保有している楽天会員
会員ランク 全会員ランク対象
ポイント特典対象 楽天プレミアムカード・楽天ゴールドカードでの楽天市場の購入金額
ポイント 付与率 +2倍
付与予定日 楽天市場でのお買い物情報が到着した月(基本的に、お買い物月と同じ)の翌月15日
有効期限 付与の翌月末日の23:59
獲得上限 楽天ゴールドカード:5,000ポイント

楽天プレミアムカード、楽天ブラックカード、楽天ビジネスカードの場合は15,000ポイント
楽天カード利用特典ポイントとの合算

楽天カードのデメリット

楽天カードのデメリットを挙げるとすれば、以下の3つがあります。

①広告メールが多い
楽天は、楽天経済圏と言われるほど多くの範囲を網羅したサービスを展開しているため、その広告も多くなってしまします。

但し、「楽天e-navi」で、受信の設定・解除を行うことができます。

②ゴールドカード切替時の事務手続き
通常の楽天カードから、楽天ゴールドカードに切り替えた場合でも、カード番号が変わります。

そのため、カード払いにしている各種サービスの設定を変えなくてはいけない手間がかかります。

これは、他社カードから乗り換えた場合も同様ですが、その手間をかけても、楽天経済圏に浸かるメリットは大きいと思います。

③ETCカード発行に手数料が必要
比較的無料で付帯されることも多くなってきたETCカードですが、楽天カード所持者の場合、年間550円の会費がかかります。

但し、「楽天ゴールドカード」「楽天プレミアムカード」の所持者と、楽天PointClubの会員ランクが「ダイヤモンド会員」と「プラチナ会員」の方は、年会費が無料になります。

ここで記述している楽天経済圏のお得術を駆使していれば、楽天PointClubのダイヤモンド・プラチナ会員になるのはそれほど難しい事ではないと思います。

注意事項

楽天カードのメリットを最大限に享受するために、カードを発行したら必ず以下のことは行いましょう。

①スタートボーナスチャンスにエントリー
楽天PointClubのスタートボーナスチャンスにエントリーしていないと、入会特典のポイントを受け取ることができません。

必ず、エントリーを忘れないようにしてください。

②固定費の支払を楽天カードに切り替える
クレジットカードを持った場合の必須事項です。光熱費・携帯・保険等月々の固定費でクレジットカード払いができるものは全て集約しましょう。

いつもの引き落としで、賢くポイント貯金です。

③e-naviの登録
楽天カードは、「楽天e-navi」にて所持しているカードの情報・利用状況等を確認できます。

多くのクレジットカード同様、楽天カードも明細書の発行には手数料がかかりますので、こちらで使用状況の管理をしましょう。

④e-naviで広告メールの受信設定
先述した通り、楽天経済圏に浸かると、広告メールが多いというデメリットがあるのですが、これは、楽天e-naviにて調整できます。

自身の好みにあわせて受信設定を行いましょう。

⑤楽天カードのアプリダウンロード
楽天カードのアプリでは、取引履歴や利用可能枠の確認や、広告をクリックするだけでポイントがもらえる機能など、楽天e-NAVIの機能の一部を使えます。

こちらは必須ではありませんが、試しにダウンロードして、使わないようであればアンインストールしても良いと思います。

申し込み手続き

楽天カードの入会申し込みは、楽天カード公式サイトから行う事ができます。

LINEで送る
Pocket

コメントは受け付けていません。